Parott社がAR.Drone 2.0を国内発表。宙返り、HD録画、共有に対応【本田】

News

[読了時間:1分]
 2012年5月21日、仏Parott(パロット)社がAR.Drone 2.0を国内発表した。AR.Droneは、スマホやタブレットで動かすことの出来る「クアッドリコプター」と呼ばれるラジコンヘリ。

 今回のVer2.0は、3D磁気センサー導入によって安定性が向上。また気圧センサーにより飛行場所に対する適応能力が増したことに加え、主に4つの新機能が加わった。

IMG_1198
AR.Drone 2.0を操縦するParott社のジュリアン・ガロウ氏(Photo:Masahiro Honda)


・720P(1280x720px)のHD記録
・録画機能
・ダブルタップによる宙返り
・ユーザーグループ「AR.Droneアカデミー」内で、位置情報の付いた録画ビデオの視聴が可能
・YouTubeやPicasaへのアップロード(Facebookにも対応予定)

 HD記録や宙返りなど、本体に依存する機能はVer2.0のみの対応だが、録画や共有といったアプリ(AR.FreeFlight 2.0)側による機能は、既存の機種でも対応される。

 AR.Drone 2.0は、2012年6月にamazon及び大手家電量販店で販売予定(価格は後日発表)。


Ver2.0の目玉機能の一つ、宙返りのシーン

【関連記事】AR、iPhone、模型を合わせた「AR.Drone」を実際に触ってみました!

著者プロフィール:本田正浩(Masahiro Honda)

写真家、広義の編集者。TechWave副編集長
その髪型から「オカッパ」と呼ばれています。

技術やビジネスよりも人に興味があります。サービスやプロダクトを作った人は、その動機や思いを聞かせて下さい。取材時は結構しっかりと写真を撮ります。

http://www.linkedin.com/in/okappan
iiyamaman[at]gmail.com

最新情報をお届け

こっちはいろいろ

NewsAR.Drone, Parrot

Posted by okappan


PAGE TOP
More in AR.Drone
【Ust報告】AR.Drone日本上陸!9月16日より販売開始

【Ust告知】本日AR.Drone発表会の模様を中継します

Close