来年のSXSWは行くべき?大阪で海外プロモーションセミナー【サカモトハルヒコ】

News

[読了時間:2分]

 TechWave塾大阪のOBで、某社のサラリーマンながらマルチな領域で活躍する元気男サカモトハルヒコさんからのお知らせです。サカモトさんは僕にまんまと乗せられて今年のSXSWに行ったのですが、やはりそのパワーに圧倒されてSXSWエバンジェリストの一人になってしまったようです。SXSWに参加された方はだれもが、自分のアプリ、サービスを海外でプロモーションするには最適の場だとおっしゃいます。ただやはりやり方がある。何度か行けばそのノウハウが身につくのかもしれないんですが、できればノウハウをみんなで共有したほうがいいと思います。ということでサカモトさん、どうぞ。(湯川鶴章)


サカモトハルヒコ

 お恥ずかしい話だが、この記事の筆者は英語が苦手だ。中高での勉強もロクにせず、クラブなどで偶に出会う外国人に気軽に声をかけられても「お…おう…おういえす…いえあ…」と何に同意してるのか解らないのに同意してしまう、典型的な英語ダメ人間。そんなボクは今年の3月、TechWave編集長・湯川氏の勧めもあり(上手いこと乗せられ)、なぜかアメリカのテキサス州・オースティンに単身飛ぶことになる。世界最大規模のmusic、film、そしてinteractiveのイベントであるSouth By SouthWest(以下SXSW)に参加する為に。


 SXSWとは何なのか、についてはオースティンでもお世話になったTechWaveの本田氏を始め、「1000人のサムライプロジェクト」のボスであるtonchidot 井口氏等、実際に海を渡ったサムライ達が多くの記事を書いているのでそちらを参考されたい。しかし、その記事を全て読んでも、おそらくSXSWの魅力の全ては理解出来ないはずだし、書いた皆さんでさえ、SXSWの魅力について全てを理解していると自負している人は居ないだろう。SXSWとはそういうものであり、説明するのがとても難しく、説明を求められた人は大体口を揃えてこう言うのである。「行ってみないと解らないよ!」

 そんな「なんだか解らないんだけど物凄く熱いし、また行きたくなるし、誰かを連れてきたくなるイベント」であるSXSWに行って痛烈に感じたのは、自分のプロダクトを海外にアピールし、その反応を確認するにはもってこいの場所だということ。ボクはスタートアップに属している訳ではないが、一人の傍観者としての(所属している会社のアプリを紹介するブースは出展したが)立ち位置での参加であったにも関わらずそう感じた。

 TRADE SHOWにブースを構えていると、ひっきりなしに海外の方々がブースに現れる。一通りプロダクトの説明を追えてネームカードを貰うと、びっくりするようなビッグネームだったり、お隣の国の若きスタートアップだったりと、SXSWがいかにワールドワイド、かつ(いい意味で)垣根の低いイベントであるかを思い知った。本田氏の言葉を借りるならば「意図的なカオス」がそこには存在し、そのカオスはカオスであるが故に、全てのプロダクトやサービスに、あらゆるチャンスを持ってくる。そのチャンスを拾えるか拾えないかは、綿密な下準備でも、莫大な資金でもなく、プロダクトのアイデアと、それを熱意を持って伝えるという、規模の大小に関係よらない所にあると思う。

 前述の通り、SXSW2012では数多くの日本のサムライ達が海を渡った。来年度はさらに増えるだろう。その流れを指を咥えて見ているのか、プロダクトを刀として太平洋を渡るのか。その決断を下す上で役に立つ情報を皆さんに提供する為に、今回大阪にてイベントを用意した。題して「Let’s give a toast in the world !」セカイの中で乾杯しよう! である。

—–

【日時】 2012年6月30日(土曜日) 16:00 開場 16:30 スタート
【場所】 大阪梅田 CLUB KARMA
〒530-0002 大阪府大阪市北区曾根崎新地1丁目5-18
【会費】 全体通しチケット(1部~3部のご参加・懇親会込み) 6,000円
    セミナーのみチケット(1部、2部のみのご参加) 3,000円
    3部のみチケット(懇親会込み) 3,000円

【登壇者とスケジュール】

16:00
<開場>
イベント会場ではPeaTiXより発行されたQRコードをご持参下さい。

16:30~17:30
<第一部>
・安藤 拓道氏(Compath.me Founder , CEO)
・安達 貞雄氏(洛洛.com 最高経営責任者)
・浅枝 大志氏(Beatrobo CEO)
・本田 正浩氏(TechWave Co-Founder , 副編集長)

17:45~18:30
<第二部>
・横井 太輔氏(LisB 代表取締役)
・山本 敏行氏(EC studio 代表取締役)
他、登壇者調整中

申し込みはこちらからどうぞ


サカモトハルヒコ(ハルヲサカモト)

某企業でオンラインコミュニティ構築のプランニングに携わる傍ら、TechWave大阪に所属し、色んな所に首を突っ込むお調子者。関西、そして日本からSXSWへ沢山人を連れて行く事を個人ミッションに活動中。SXSW2013では、現地クラブを貸し切ったイベントを画策中です。ご興味ある方は各種ソーシャルメディアで連絡ください。プライベートでDJとVJ。好きな食べ物はつけ麺。
Facebookはコチラ。Twitterは@51h。個人ブログはコチラ。

蛇足:オレはこう思う

 「日本人だけで固まって行動するのってカッコ悪い」・・・。みんなでSXSWに行こうという動きに対して、そんな批判を耳にしたことがある。そんな批判に対して副編集長のオカッパンは、「ほかのイベントでならその意見も分かるけど、SXSWだけは日本人で固まるのはアリ。そういうイベントなんです」って反論していた。

 まあイベントごとに雰囲気ってものがあるから、あんまり固いこと言わずになんでもやってみればいいんじゃないかと思います。

最新情報をお届け

こっちはいろいろ

PAGE TOP
More in SXSW, サカモトハルヒコ
なぜ人はSXSWを目指すのか?世界中のスタートアップがオースティンに向かう理由【井口尊仁】

SXSW2012、日本のスタートアップによる位置情報系サービス3選【本田】

Facematch改めPitapatが密かにデビュー:SXSW2012、日本のスタートアップによる出会い系サービス3選【本田】

Close