人工知能「Ross」が弁護士事務所に就職 【@maskin】

人工知能IBM, Ross, Watson, 人工知能, 弁護士

IBM Watson

 米ROSS Intelligenceは2016年5月5日、同社が開発する法令調査用人工知能「ROSS」が法律事務所「Baker & Hostetler」で採用されたことを発表した。「ROSS」は、IBMが展開する商用のグニティブ・コンピューティングサービス「Watson」を利用したもので、大規模なデータを分析し、自然言語による対話で質問に答えていくというもの (冒頭のイメージは動画 “The Future of IBM Watson”より)。

 弁護士が人に話すかのごとくROSSに質問をすれば、ROSSはデータベースから法律や証拠を収集した上でその結論や関連の高い情報を返してくれる。ROSSは、最新の判例をウォッチし、弁護士とのやりとりを学習し、経験を積んで成長するという。

 ROSS Intelligenceは、2014年にカナダのトロント大学で創業したスタートアップ。2015年にはシリコンバレーの有名アクセラレーター「Y Combinator」のプログラムに参加後、出資を受けた。今回の“就職”は初めての事例だという。


【関連URL】
・ROSS Intelligence announces partnership with BakerHostetler
http://www.prnewswire.com/news-releases/ross-intelligence-announces-partnership-with-bakerhostetler-300264039.html

蛇足:僕はこう思ったッス
maskin2011009rev.fw 同社はYCからの出資後、グローバル企業の弁護士が集まるシリコンバレーにもブランチを置いているようだ。もちろん、弁護士のアドバイスなどを受けるためだろう。あのエリアの弁護士は、世界の判例を手がけることも多いため、ROSSが海外で就職することも十分考えられる。

人工知能は、良質かつ膨大なインプットがあるほど機能するもの。判例検索はまさにぴったりの領域なのだろうと思う。

maskin
Follow me

maskin

Editor In Chief at TechWave.jp
1990年代初頭から国内外のソフトからハードまで50以上のスタートアップ立ち上げを経験。平行して雑誌ライターとして疾走。シリコンバレーでガレージベンチャーに参画後は、ネットエイジを筆頭にスタートアップに多数関与。ブログやSNSの国内啓蒙、ソニーの社内イノベーション事業など関与。直近では通信キャリアのニュースポータルの立ち上げ期の編集デスクとして数億PV事業に育てた後、TechWaveにジョイン。世界最大のIT系メディアであるスペインの「Softonic」に参加後、2016年からTechWave第三章として新興メディアの開発を再スタート。国内最大規模のスタートアップ&B2Bイベント「アプリ博」のオーガナイザー。
maskin
Follow me

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

PAGE TOP