ソフトバンク版iPhone5/5S/6ユーザーに朗報、格安SIMが明日発売

News

キャリアより月額の通信コストが安いいわゆる「格安SIM」ですが、これまでソフトバンクが提供する通信網では使うことはできませんでした。ソフトバンクといえばiPhone3から日本での取扱を開始ししており、多くの人がソフトバンクが提供するiPhoneを使用してきたわけですが、特にSIMロック解除ができないiPhone5/5S/6では格安SIMが使えなかったのです。

そして遂に格安SIMの国内市場のくさ分けである日本通信が2017年3月22日、ソフトバンク版のiPhone5以降およびiPadに対応した通信カード「開幕SIM b-mobile S」の販売を開始します。

このSIMカードは、ソフトバンクのLTEを利用しており、ソフトバンクが提供するiPhone(5以降)・iPadをSIMロック解除することなく使えます。データ通信容量は1/3/7/30GBの4種類提供され、それぞれ月額880円/1580円/2980円/4980円。初期費用は3000円で、キャリアや他の格安SIMにあるような試用期間のしばりはありません。

個人向け販売はU-NEXT社との提携により以下で行われるとのことです。

– ヤマダ電機
– スマモバ
– ZOA
– PC DEPOT
– ビックカメラ
– U-NEXTストア
– ヨドバシカメラ
– 大手eコマースサイト
– 日本通信オンラインストア(b-Market)

ソフトバンク版のiPhoneがSIMロック解除に対応(義務付け)られたのはiPhone6Sからで、かつiPhone6SはSIMロックを解除するとどのキャリアでも利用できるようになっていました。つまり、今回の「開幕SIM」発売により初めてiPhone5/5S/6で手数料を支払ってSIMロックを解除することなく格安通信を利用できるようになります。

【関連URL】
・日本通信、ソフトバンクの格安SIM「b-mobile S 開幕SIM」を明日発売
http://www.j-com.co.jp/news/1620.html

蛇足:僕はこう思ったッス
maskin-bit-2016 日本通信は、MVNOに対応しないソフトバンクに対し2015年8月7日、相互接続を求めるなど多様な戦いを仕掛けてきました。そして遂に今回の合意&サービス提供に至ったということです(参考)。iPhone5-6まではソフトバンクはダントツのトップシェアを誇っていた時期で、かつ端末も現役世代(筆者もiPhone5Sを使ってます)、想像以上のインパクトがあると思われる。

maskin
Follow me

maskin

Editor In Chief at TechWave.jp
1990年代初頭からソフトからハードまで50以上のスタートアップ立ち上げを国内外で経験。平行して雑誌ライターとして疾走。シリコンバレーでガレージベンチャーに参画後は、国内でネットエイジを筆頭にスタートアップに多数関与。ブログやSNSの国内啓蒙、ソニーの社内イノベーション事業など関与。通信キャリアのニュースポータルの立ち上げ期の編集デスクとして数億PV事業に育てた後、TechWaveにジョイン。世界最大のグローバルIT系メディアであるスペインの「Softonic」の元日本編集長
https://www.wantedly.com/users/24387
https://keybase.io/maskin
maskin
Follow me

最新情報をお届け

こっちはいろいろ

PAGE TOP
More in News
ソフトバンク 孫正義氏、Apple対抗OSへの10億ドル出資を撤回(米報道)

Intelが後付け搭載可能の自動運転システムに参入、MobileEyeをイスラエルスタートアップシーン最高額1.75兆円で買収し自動運転部門を統合 @maskin

DeNA、キュレーション事業統括 村田マリ氏を処分 南場智子氏が追加代表就任

Close