英語4技能学習スクールのベストティーチャー「英検2級対策コース」のサービスを開始【@masaki_hamasaki】

CONTENTSedtech, スタートアップ, 英語

 2016年4月26日、SpeakingとWritingが受講できるオンライン英会話スクール、株式会社ベストティーチャー(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:宮地 俊充)が、英検2級の新試験に対応した『英検®2級対策コース』の提供開始を発表した。

 2020年度から始まる大学入試改革に向けて多くの大学で「英検」2級の活用が想定されており、既に2017年度の個別入試選抜として、鹿児島大学や明治大学が英検2級を採択しているとのこと。宮地氏によると、英作文と面接対策の両方に対応しているオンラインスクールはベストティーチャーのみのようだ。

 今回のコースでは、株式会社旺文社が刊行している『英検2級予想問題ドリル 新試験対応版』のWriting問題と、『10日でできる!英検2級二次試験・面接 完全予想問題』の面接問題を元にコースは作られている。

■関連URL
・ベストティーチャー:英検®1級・準1級・2級対策コース
http://www.best-teacher-inc.com/eiken

蛇足:僕はこう思いました
IMG_0511 (1)自身もオンライン英会話スクールを試したことがある。オンライン英会話スクールで、writingが学べるとは想定もしていなかった。ベストティーチャー社は、2016年2月に英語4技能学習システムで特許権を取得している。『読む・書く・聞く・話すの4技能』をバランスよく学べるシステムで、大学入試にこの4技能試験が導入されるとのことで、さらなる事業の拡大が期待されている。宮地氏に尋ねると今後は、スマートフォン領域における新サービスも企画しているようだ。
Masaki Hamasaki

Masaki Hamasaki

株式会社メディアインキュベートの代表取締役社長。

メディア作りの請負、メディア作りに特化したプラットフォームを立ち上げ、メディアに特化した投資を準備中。編集、開発、運用、営業、広告、SNS運用、採用まで支援。

過去に夕刊紙、ポータルサイト、動画メディア、複数のニュースサイト、キュレーションメディア、コミュニティ型CGMのディレクター他、マーケティング、事業開発、編集、運用、営業を経験。
Masaki Hamasaki

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

PAGE TOP