ビットコインが初の大台2000ドル突破、仮想通貨全体が急拡大

BlockChain/BitCoin

仮想通貨として世界で最も高いシェアを持つビットコイン(Bitcoin)が2017年5月21日、1ビットコイン(=BTC)あたり2000ドルの大台を突破しました。

CoinMarketCapのグラフを見るとこの1年間で急激に伸びていることが分かります。時価総額では、337億3362万7968ドル。日本円(1ドル111.25円)で換算すると、およそ3.75兆円になります。


「仮想通貨といえばビットコイン」の崩壊

つい3か月前の時点では仮想通貨はビットコインが85%のシェアを持っていました。「仮想通貨といえばビットコイン」と思われていた節もあると思いますが、今は47%程度にまで落ち込んでいます。その理由は、ビットコイン以外の仮想通貨が急拡大・急成長を遂げたからです。

こちらもCoinMarketCapのグラフでは、長年大きなシェアを持っていたビットコインが、EtheriumやRippleといった他の仮想通貨のシェアが拡大に押されているのがわかります。ビットコイン以外の仮想通貨も、ほとんどが軒並み価格高騰しているんです。

仮想通貨は、一部の業者が商品やサービスの購入に使えるようにしているものの、実際の商活動に利用されているかどうか、その実態はほとんど確認できない状態です。一方で、投機手段として仮想通貨を運用する層が拡大しており、今回の市場全体の値上がりも通貨間の交換によってもたらされたものである可能性があると考えられます。

【関連URL】
・Bitcoin(BTC) | CryptoCurrency Market Capitalizations
https://coinmarketcap.com/currencies/bitcoin/

蛇足:僕はこう思ったッス
maskin-bit-2016 この1~2年「仮想通貨の投機だけで食べていける」と豪語する人に何度も出会い見聞きした。こういった急成長は「バブル経済」と思わせるのだけど、仮想通貨の場合、何がどうなっているのか憶測の範疇から出ない。ブラックボックス化しているのが恐ろしく感じる。今の市場は完全なる投機フェーズ。誰でも仮想通貨が作れる状態なのは続いているけど、ちょっとでも投機に反すると感じられるものは徹底的に排除される風潮があるが、やはりさまざまなやりとりが身を隠してやりとりされているため、何一つ明らかにならない状態が続いている。

maskin
Follow me

maskin

Editor In Chief at TechWave.jp
1990年代初頭からソフトからハードまで50以上のスタートアップ立ち上げを国内外で経験。平行して雑誌ライターとして疾走。シリコンバレーでガレージベンチャーに参画後は、国内でネットエイジを筆頭にスタートアップに多数関与。ブログやSNSの国内啓蒙、ソニーの社内イノベーション事業など関与。通信キャリアのニュースポータルの立ち上げ期の編集デスクとして数億PV事業に育てた後、TechWaveにジョイン。世界最大のグローバルIT系メディアであるスペインの「Softonic」の元日本編集長
https://www.wantedly.com/users/24387
https://keybase.io/maskin
maskin
Follow me

最新情報をお届け

こっちはいろいろ

PAGE TOP
More in Bitcoin
Catchboardがテックビューロと業務提携 「ブロックチェーン技術」実証実験の開始 【@masaki_hamasaki】

仮想通過BitCoin普及への一手、リワードサービス「ビットコインゲット」提供開始  【@maskin】

日本初となるビットコインATM「ROBOCOIN(ロボコイン)」が東京西麻布に登場予定 【@maskin】

Close