中古車買い取りスタートアップ「カープライス」が三井物産と資本業務提携

Startups

左から)カープライス株式会社 代表取締役 梅下直也 氏・カープライス株式会社 代表取締役 林耕平 氏

中古車買取バイヤーに対し、インターネット・ライブオークションを展開する「カープライス」は2017年6月20日、三井物産との資本業務提携契約を締結したと発表しました。これに伴いカープライスは三井物産を引受先とする第三者割当増資を実施しています。三井物産はカープライスの株式の25%を保有する戦略パートナーとなります。

中古車市場は小売市場規模約2兆8千億円(2014年ー「株式会社矢野経済研究所 中古車流通市場に関する調査結果2015」より)とされる巨大市場ですが、価格の決定プロセスが複雑かつ不透明といわれています。「カープライス」は、これを改善するために、全国のバイヤー(中古車販売店や輸出業者など)に対し、インターネットを使ったライブオークションを提供しています。

買い付けはカープライスは自社網で行っており、査定後そのまま全国400社のバイヤーからライブオークションで入札を募る仕組みで、15分程度でオークションは終了します。売り手はオークションの様子をリアルタイムで見ることができるため納得感があるとのことです。

このオークションで入札された金額は、そのまま買い取り金額となり、カープライスは車両価格に応じた落札手数料のみを請求する仕組みです。売り手の手数料は一律1万円です。

カープライスは全国各地域の自動車整備工場等とのパートナー関係構築を進める計画で、今回の提携により三井物産が保有する国内ネットワークを活用しながらパートナー拠点網拡大を加速させたい考えです。

【関連URL】
・カープライス
https://www.carprice.co.jp

蛇足:僕はこう思ったッス
maskin-bit-2016 ありそうでなかった中古車オークション。2016年6月に話を伺った時は、同じ仕組みはヨーロッパとかロシア、ニュージーランドくらいにしかないという話だったが、盛り上がっている分野とのことだった。今回数字は出せてないけど、かなり好調の模様。実経済への大インパクトとなるか注目したいです。
maskin
Follow me

maskin

Editor In Chief at TechWave.jp
1990年代初頭からソフトからハードまで50以上のスタートアップ立ち上げを国内外で経験。平行して雑誌ライターとして疾走。シリコンバレーでガレージベンチャーに参画後は、国内でネットエイジを筆頭にスタートアップに多数関与。ブログやSNSの国内啓蒙、ソニーの社内イノベーション事業など関与。通信キャリアのニュースポータルの立ち上げ期の編集デスクとして数億PV事業に育てた後、TechWaveにジョイン。世界最大のグローバルIT系メディアであるスペインの「Softonic」の元日本編集長
https://www.wantedly.com/users/24387
https://keybase.io/maskin
maskin
Follow me

最新情報をお届け

こっちはいろいろ

PAGE TOP