ロボット・デスクライト「Lumigent」がAmazon Alexaに対応

Makers, ロボット, 音声認識

インターネット接続家電メーカー「Cerevo」は2017年5月26日、開発中のロボット・デスクライト「Lumigent」に米Amazonの音声認識人工知能「Amazon Alexa」サービスを組み込んだコンセプトモデルを発表しました。

もともと「Lumigent」は音声認識で動作することが可能でしたが、進歩を続ける「Amazon Alexa」を採用することで、音声認識の精度を高めると共に、Alexa対応機器との連携を拡大することで、一気に利便性を高める狙いがあります。


「Lumigent」のヘッド部分には照明として高輝度LEDが搭載されるほか、8メガピクセルのカメラが搭載されれいます。本体全体が駆動式となっており、これをロボットによってどう使いこなすかが注目されていました。

今回、AVSを搭載したコンセプトモデルは、音声認識の活用方法の多様性を示唆するもにです。現在のところ英語のみの対応ですが、音声認識の精度はAlexa自身の成長により日々向上しており、またかつAmazonが注力するAlexaエコシステムに参画することで、今後、予想もしなかった活用方法が生まれる可能性があります。

そんな「Lumigent」ですが、発売は2017年秋頃を予定。価格は4~7万円程度となる見込みです。

【関連URL】
・ロボット・デスクライト「Lumigent」|Cerevo
https://lumigent.cerevo.com/ja/

蛇足:僕はこう思ったッス
maskin-bit-2016  Lumigetにおける注目ポイント大きく2つつかあります。「ハードウェアとしての独自性とその品質」「使い方の発想の伸びしろがある機能と機構」。とにかくいろいろなこだわりが投入されているのですが、そもそもインターネット接続家電という原則があるため、内蔵ソフトウェアのアップデートや外部サービスとの連携により化ける可能性があるのです。特にこういった目的達成型ではないプロダクトはどうなるか興味深い。Alexa対応は音声認識の精度のみならず、他の機器やサービスとの連携がどうなるか期待が大きいです。(照明付きカメラとしてテレビ電話になるとか十分ありそう)

maskin
Follow me

maskin

Editor In Chief at TechWave.jp
1990年代初頭からソフトからハードまで50以上のスタートアップ立ち上げを国内外で経験。平行して雑誌ライターとして疾走。シリコンバレーでガレージベンチャーに参画後は、国内でネットエイジを筆頭にスタートアップに多数関与。ブログやSNSの国内啓蒙、ソニーの社内イノベーション事業など関与。通信キャリアのニュースポータルの立ち上げ期の編集デスクとして数億PV事業に育てた後、TechWaveにジョイン。世界最大のグローバルIT系メディアであるスペインの「Softonic」の元日本編集長
https://www.wantedly.com/users/24387
https://keybase.io/maskin
maskin
Follow me

最新情報をお届け

こっちはいろいろ

PAGE TOP
More in CEREVO
ハードスタートアップ「Cerevo」が経営体制を変更、グローバルニッチ展開加速のため50人体制に 【@maskin】 #IVS

日本人が作った美し過ぎる電源タップ「OTTO」、CESに出展中 【増田 @maskin】

3Dプリンターってもんが起こすであろう革命と現在の3Dプリンターの限界、そしてもっと知るべきCNCのチカラ【岩佐琢磨 @Cerevo】

Close