これは欲しい! DJIが本格ミニドローン「SPARK」を6万5800円で発売

Drone

ドローン市場のリーディング企業である中国DJI社は2017年5月24日、手のひらサイズの本格ドローン「SPARK」を公開しました。

300gという軽量さながら、安全に安定飛行ができ、かつ高画質の写真や動画を撮影することが可能です。本体価格は税込み6万5800円からで、本日から予約開始。出荷は6月15日を予定しているとのことです。

手のひらサイズ

「SPARK」の魅力はなんといっても小さいことです。サイズは長さ約15cm、幅約8cm、厚さ約6cm。飛行状態の重量は300gで、規制の対象ではありますが、小型さのみならず機能面でも安全性は高い製品といえます。

ジェスチャーでカメラ撮影

「SPARK」の操縦はかなりの部分が自動化されています。5m先までの障害物を自動的に回避することができるほか、飛行中に静止して姿勢を安定させることも可能です。ですから、このようなセルフィーショットも可能です。

ポイントはどうやってシャッターを切ることができるか?といいう点ですが、「SPARK」はジェスチャーを認識してシャッターを押すことができます。コントローラーを持っていなくても、離陸から写真撮影、帰還まで自動で制御してくれるんです。

また、カメラは焦点距離25mm (35mm判換算)のF2.6広角レンズを搭載しており、動画であれば1080p 30fps、静止がであれば1200万画素で撮影することが可能です。さらに2軸のジンバルなどブレないようにする仕組みも搭載されています。

自動制御

「SPARK」はかなりの部分が自動化されています。自動制御には、カメラの映像はもちろん、2つのGPS、ビジュアル・ポジショニング・システム(映像からの位置確認)、三次元認識ユニットといった24個のプロセッサによって安定航行を実現しています。

スマホアプリでは、一般的な操縦はもちろん、タップするだけでプログラムされたさまざまな飛行パターンを実行することができます。飛行禁止区域の情報を通知する仕組みも備えています。

自動で追従する機能があるため、手ぶらでこんな撮影も可能です。

なお、「SPARK」は、一回の充電で16分飛行が可能で、オプションの映像配信ユニットを使えば720pの映像を2km先からも受信できるとのことです。価格は本体のみは6万5800円から。出荷は6月15日以降になる予定です。

【関連URL】
・Spark – Seize the Moment
http://www.dji.com/jp/spark

蛇足:僕はこう思ったッス
maskin-bit-2016  日本のドローン規制対象の200gを超えてはいるものの、ここまで安全対策がされているのならいろいろなところで使ってみたいですね。評価は最終的な品質によるかとは思いますが、ここまでの機能をこのサイズにこの価格に納めたというのは衝撃です。ドローンの市場を再び活性化させる力を持っているのではないでしょうか。というか、欲しい!

maskin
Follow me

maskin

Editor In Chief at TechWave.jp
1990年代初頭からソフトからハードまで50以上のスタートアップ立ち上げを国内外で経験。平行して雑誌ライターとして疾走。シリコンバレーでガレージベンチャーに参画後は、国内でネットエイジを筆頭にスタートアップに多数関与。ブログやSNSの国内啓蒙、ソニーの社内イノベーション事業など関与。通信キャリアのニュースポータルの立ち上げ期の編集デスクとして数億PV事業に育てた後、TechWaveにジョイン。世界最大のグローバルIT系メディアであるスペインの「Softonic」の元日本編集長
https://www.wantedly.com/users/24387
https://keybase.io/maskin
maskin
Follow me

最新情報をお届け

こっちはいろいろ

DroneDJI, SPARK

Posted by maskin


PAGE TOP
More in DJI
DJIのドローンで遊べる拡張現実 (AR)ゲーム、イスラエルEdgyBee社が発表

DJI CAMP、農協でドローン操縦者育成プログラム 【@maskin】

Close