Facebook、無線通信プラットフォームをオープンソース化 【@maskin】

News

13601299_1792047774380875_1171869391_n

米Facebookは2016年7月6日、オープンソースのソフトウェアで制御可能な無線通信プラットフォームを発表した。ハードウェアデザインもオープンソース。コストパフォーマンスが高い通信網の構築が可能となり、これを通じ世界の接続可能エリアを拡大したい考え。

発表されたハードウェアは通信規格の2GからLTEまで対応可能。

13571124_1704019316528463_2121527023_n

The system is composed of two main subsystems: general-purpose and base-band computing (GBC) with integrated power and housekeeping system, and radio frequency (RF) with integrated analog front-end.

13601299_1792047774380875_1171869391_n

これらのハードウェアおよびファームウェア(基本ソフト)はオープンソースでデザインを提供する予定で、通信キャリアはもちろん企業家やOEM提供などで利用できるようになる。



【関連URL】
・Introducing OpenCellular: An open source wireless access platform
https://code.facebook.com/posts/1754757044806180/introducing-opencellular-an-open-source-wireless-access-platform

蛇足:僕はこう思ったッス
maskin-bit-2016 来るべくしてきた。通信インフラはソフトウェア化されることで、どのような可能性を生むのだろうか。少なくともスマートフォンベースのコミュニケーションからは解放され、多様化が生まれるのは間違いないように思う。ポイントとしてはこういったオープンソースデザインの世界普及モデルが日本から出てくるかどうか、というのが個人的な意見っす

maskin
Follow me

maskin

Editor In Chief at TechWave.jp
1990年代初頭から国内外のソフトからハードまで50以上のスタートアップ立ち上げを経験。平行して雑誌ライターとして疾走。シリコンバレーでガレージベンチャーに参画後は、ネットエイジを筆頭にスタートアップに多数関与。ブログやSNSの国内啓蒙、ソニーの社内イノベーション事業など関与。直近では通信キャリアのニュースポータルの立ち上げ期の編集デスクとして数億PV事業に育てた後、TechWaveにジョイン。世界最大のIT系メディアであるスペインの「Softonic」に参加後、2016年からTechWave第三章として新興メディアの開発を再スタート。国内最大規模のスタートアップ&B2Bイベント「アプリ博」のオーガナイザー。
maskin
Follow me

News

Posted by maskin