Facebook、Androidアプリで電話番号によるメッセージ送信実験 アカウントは不要  【@maskin】

Newsandroid, Facebook, スマホ, メッセンジャー


[読了時間: 2分]

 米Facebookは2013年10月29日、Android版「メッセンジャー」アプリの時期アップデートを見据えた新しい利用体験のテストを実施すると発表した。

 対象となるのは、Android版「メッセンジャー」を利用する一部のユーザーとなる模様。

Recents




 アップデートの特徴は3つ。

 1「アプリ利用中であることを示すステータス表示の追加」
 2「過去のメッセージをスワイプで閲覧できるようにするなどのデザインの変更」
 3「スマホの連絡先の相手に、電話番号でメッセージを送付できるようにする機能」

 目玉は3の「電話番号でメッセージを送付できるようにする機能と言えるだろう。

 この機能はFacebookにログインしていなくても利用できるため、モバイル標準のショートメッセージサービス代わりとして利用できる。

 実はこの機能、2012年末に一部の国と地域で提供されていたもの(Facebookもスマホコミュニケーション市場に本格参戦、ログイン不要アプリを提供 【増田 @maskin】)。

 あわせて、北米などでは無料の音声通話もスタートしており(Facebookがスマホ無料通話スタート、日本では音声チャットから 【増田 @maskin】)、これからが他国展開することで、LINEやWhatsApp、カカオ、そしてWeChatというモバイルのコミュニケーションの覇権争いへと発展する可能性もある。




【関連URL】
・Testing a New Messenger Experience on Android
https://newsroom.fb.com/News/753/Testing-a-New-Messenger-Experience-on-Android

蛇足:僕はこう思ったッス
maskin2011009rev.fw この半年の世界レベルのスマホメッセンジャー覇権は想像以上の動きを見せている。Facebookが、この領域に照準をあわせているのは確実。成長株LINEと一騎打ちとなるか、それとも別の市場構築を狙うか目が離せない状況。日本のスマホも2014年あたりで完全な主役交代となるだろうし、「時代を見据えて次を考えてみよう」とかいっている余裕はもうないのかもしれない。
著者プロフィール:TechWave 編集長・イマジニア 増田(maskin)真樹
8才でプログラマ、12才で起業。18才でライター。1990年代はソフト/ハード開発&マーケティング → 海外技術&製品の発掘 & ローカライズ → 週刊アスキーなどほとんど全てのIT関連媒体で雑誌ライターとして疾走後、シリコンバレーで証券情報サービスベンチャーの起業に参画。帰国後、ブログCMSやSNSのサービス立ち上げに関与。坂本龍一氏などが参加するグループブログ立ち上げなどを主導した。ネットエイジ等のベンチャーや大企業内のスタートアップなど多数のプロジェクトに関与。生んでは伝えるというスタイルで、イノベーターを現場目線で支援するコンセプトでTechWaveをリボーン中 (詳しいプロフィールはこちら)

maskin
Follow me

maskin

Editor In Chief at TechWave.jp
1990年代初頭から国内外のソフトからハードまで50以上のスタートアップ立ち上げを経験。平行して雑誌ライターとして疾走。シリコンバレーでガレージベンチャーに参画後は、ネットエイジを筆頭にスタートアップに多数関与。ブログやSNSの国内啓蒙、ソニーの社内イノベーション事業など関与。直近では通信キャリアのニュースポータルの立ち上げ期の編集デスクとして数億PV事業に育てた後、TechWaveにジョイン。世界最大のIT系メディアであるスペインの「Softonic」に参加後、2016年からTechWave第三章として新興メディアの開発を再スタート。国内最大規模のスタートアップ&B2Bイベント「アプリ博」のオーガナイザー。
maskin
Follow me

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

PAGE TOP