「ハッカーズバー」が六本木にオープン、ライブでプロトタイピングも 【@maskin】

Deploy, Japan, Tokyo


[読了時間: 2分]

 六本木に変わったバーが登場した。その名も「Hackers Bar」。

 見た目は普通のバーで、ビール、ワイン、シャパンや各種カクテルも提供されるのだが、エンジニアが常駐するというのが最大の特徴だ。

 仕掛けているのは遺伝子検査事業を展開するヒメナ・アンド・カンパニー 代表取締役 中尾彰宏 氏。医師免許を所有しながら、ミクシィなどで技術者として活動してきた人物。

 このバーは、ハッカーがもてなすというコンセプトで、お酒を楽しみながら出てきたアイディアのプロトタイプをその場で開発する、なんてことも可能。「ゆくゆくは、ここで生まれたアイディアを事業として開発、なんてことも考えられる」(中尾氏)という。

 通常営業以外では、国内外のエンジニアを招いての勉強会や交流会も開催していくという。

 営業時間は20時から翌3時(定休土日)。今週は開店直後のイベントなどでごったがえしているとのことなので、来週以降、落ちついたころを見はからって来店してみてはどうだろうか。


【関連URL】
・Hackers Bar | ハッカーズバー
http://hackersbar.net/

蛇足:僕はこう思ったッス
maskin2011009rev.fw エンジニア経営のバーということで、実験的な試みかなと思いきや「すでにオーセンティックなバーを1軒経営中」(中尾氏)とのこと。席数には限りがあるが、だからこそ落ちついてアイディアについて話しあうことができそう。
なお、今はオープン直後でかなりバタバタしているとのことで、ちょっと時間をおいてから遊びにいってほしいと思います。

maskin
Follow me

maskin

Editor In Chief at TechWave.jp
1990年代初頭から国内外のソフトからハードまで50以上のスタートアップ立ち上げを経験。平行して雑誌ライターとして疾走。シリコンバレーでガレージベンチャーに参画後は、ネットエイジを筆頭にスタートアップに多数関与。ブログやSNSの国内啓蒙、ソニーの社内イノベーション事業など関与。直近では通信キャリアのニュースポータルの立ち上げ期の編集デスクとして数億PV事業に育てた後、TechWaveにジョイン。世界最大のIT系メディアであるスペインの「Softonic」に参加後、2016年からTechWave第三章として新興メディアの開発を再スタート。国内最大規模のスタートアップ&B2Bイベント「アプリ博」のオーガナイザー。
maskin
Follow me

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

Deploy, Japan, Tokyo

Posted by maskin


PAGE TOP