FES Watch U 発売で始まる。SONYのロゴなし「新ソニー」

SONY

「SONY」ブランドを大切に育ててきたソニー。このブランドにそぐわない製品やサービスは出さない。そんな強い姿勢が企業としての屋台骨として長年機能してきました。

ただ、昨日2017年6月12日に東京・表参道で開催されたソニーの新製品「FES Watch U」リリースパーティでは、会場のどこを見回しても「SONY」のロゴが見当たりません。おそらく何も知らないで前を通りかかった人は、何のイベントかすらわからない状況です。


会場内には著名クリエイター10人がデザインしたフェイスが展示されていますが、そこにも「SONY」のロゴはありません。これらのデザインは「TOKYO MONOCHROME(トーキョーモノクローム)」として期間限定で配信が行われます。参加しているのはアートディレクターの井上嗣也氏、ANREALAGEのデザイナー森永邦彦氏、書道家の万美氏ら。

もう一つこれまでのソニーと違うのがパーティの内容です。IT機器の展示会とは全く違った雰囲気の空間です。開場奥にはDJブースがあり、壁一面にはFES Watch Uをモチーフとしたインスタレーションアートが展開されています。報道関係者を含む招待者はファッション関係者が多く、ファッション・アート界の大御所の姿も見受けられます。参加者は新たなカテゴリーである「ファッション・エンターテインメント」をどう解釈するか模索しているようでした。

このマーケティングを統括するのがソニー新規事業創出部 FE事業室 Fashion Entertainments マーケティングマネージャーの加藤圭一氏です。彼は今回の「ソニーらしくない、ファッション本流のアプローチ」を「種を撒き」であると表現しています。

SONY 新規事業創出部 加藤圭一氏

この日(2017年6月12日)は、すでに表参道MOMAや時計専門店などで店頭展示がスタートしていましたが、店頭ですらSONYのロゴがありません。ただ、そうすることで、テクノロジーの紹介ではない、新しいファッションアイテムとしてどうか?という関心の種を人々の心に植え込むことに成功したといっても過言ではないでしょう。

【関連URL】
・FES Watch U 正式販売開始のお知らせ
http://fashion-entertainments.com/news/20170612/

蛇足:僕はこう思ったッス
maskin-bit-2016 この5年ほどソニーの内部の方々に、復活に向けたさまざまな取り組みを伺ってきました。TechWaveでも何度かコメントしたことがあるけど、そこで出てきたのは設立趣意書に回帰するモノづくり企業としての復活のように聞こえました。ただ、業績も回復しいよいよ次のソニーへというこのフェーズでロゴを消す、それには一瞬戸惑いを覚えたのは事実ですが、その疑問はすぐに払拭されました。なぜなら大切なことは別のところにあるからです。ロゴを消すことで中途半端なモノづくりと決別することになるわけですから。ソニーの真剣勝負がこれから始まるわけです。

maskin
Follow me

maskin

Editor In Chief at TechWave.jp
1990年代初頭からソフトからハードまで50以上のスタートアップ立ち上げを国内外で経験。平行して雑誌ライターとして疾走。シリコンバレーでガレージベンチャーに参画後は、国内でネットエイジを筆頭にスタートアップに多数関与。ブログやSNSの国内啓蒙、ソニーの社内イノベーション事業など関与。通信キャリアのニュースポータルの立ち上げ期の編集デスクとして数億PV事業に育てた後、TechWaveにジョイン。世界最大のグローバルIT系メディアであるスペインの「Softonic」の元日本編集長
https://www.wantedly.com/users/24387
https://keybase.io/maskin
maskin
Follow me

最新情報をお届け

こっちはいろいろ

PAGE TOP
More in FES Watch U, Sony, 万美, 井上嗣也, 加藤圭一
レゴや絵本をIoT化させるおもちゃ「toio(トイオ)」発表、ソニーの最新テクノロジーを活用

スマートロック Qrio(キュリオ)について誤解しておりました 【@maskin】

コンパクトデジタルカメラ並の画質を実現!スペックも機能も充実のソニーの最新端末「Xperia Z1」とは【@aco220】

Close