ソフトバンクグループがパーソナルモビリティ向けのIoT事業を開始。香川県豊島でレンタルサービス事業をスタート【@masaki_hamasaki】

IoTIoT, ソフトバンク, パーソナルモビリティ,

ソフトバンク株式会社とソフトバンクグループのPSソリューションズ株式会社は3月18日、日本オラクル株式会社の協力の下で、パーソナルモビリティに移動体通信網をつなげるInternet of Moving Things事業を開始することを発表しました。

香川県小豆郡土庄町豊島にて、パーソナルモビリティのレンタルサービス事業「瀬戸内カレン」を2016年3月26日より開始するとのこと。「瀬戸内カレン」ではパーソナルモビリティとして電動二輪車「Honda EV-neo(イーブイ・ネオ)」を採用しています。

ソフトバンクの移動体通信網につながる車載機を搭載したことで、パーソナルモビリティの位置情報をリアルタイムに把握して可視化できます。また、運転状況を中央管制センターにて監視する仕組みも備えています。その他、充電インフラとしてソフトバンクが開発した充電・認証システム「ユビ電」を活用してます。

ユビ電とは、電気をどれくらい利用したかを計測できるソリューションのこと。これによって、電気を通信回線と同じように、利用分だけ料金を支払うことが可能になります。
EV-neo

「瀬戸内カレン」の利用方法は、専用のホームページより事前に予約および決済を行うことができます。パーソナルモビリティ「EV-neo」の貸出は、豊島家浦港の貸出返却拠点で行います。料金は1日3,800円/日(税込)です。

【関連URL】

・パーソナルモビリティ向けのIoT事業を開始 ~第一弾として、香川県豊島で パーソナルモビリティのレンタルサービス事業「瀬戸内カレン」をスタート~

http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000006.000016392.html

蛇足:僕はこう思いました
MasakiHamasaki

ソフトバンク、PSソリューションズに加えて、日本オラクルも関与しているようだ。ソフトバンクが「ユビ電」の提供を行い、PSソリューションズは「瀬戸内カレン」の運用、オラクル社のクラウド基盤を提供するとのこと。各社の得意な分野が住み分けられ、上手く合致したようだ。ちなみに舞台となる香川県小豆郡土庄町豊島には、高松空港からバスで40分、JR高松駅から徒歩10分、高松港からフェリー60分か、もしくは高速艇30分で小豆島まで到着するようだ。

Masaki Hamasaki

Masaki Hamasaki

株式会社メディアインキュベートの代表取締役社長。

メディア作りの請負、メディア作りに特化したプラットフォームを立ち上げ、メディアに特化した投資を準備中。編集、開発、運用、営業、広告、SNS運用、採用まで支援。

過去に夕刊紙、ポータルサイト、動画メディア、複数のニュースサイト、キュレーションメディア、コミュニティ型CGMのディレクター他、マーケティング、事業開発、編集、運用、営業を経験。
Masaki Hamasaki