LINEのClova対応AIスピーカー「WAVE」 本日12時に予約販売開始

LINE2017, Smart Home, 人工知能, 音声認識

LINEが韓国NAVERと共同で開発しているクラウドAIプラットフォーム「Clova」に対応したAIスピーカー「WAVE」が早くも本日2017年7月14日正午から販売開始です。


予約販売はClovaのサイトで行われ、価格は先日の発表通り先行販売モデルは1万円で提供される見込みです(参考「LINEがAIスピーカー参入、先行販売は夏 価格は1万円」)。

LINEの操作はもちろん、さまざまなサービスに対応

Clova対応端末は、LINEでのコミュニケーションはもちろん、カレンダーやToDo機能、LINE MUSICの再生、ニュースや天気予報の読み上げなどに対応。家電の制御などの機能も順次提供される見込みです。

今回提供されると思われる先行販売モデルは1万円ながら2017年秋に正式に発売されるモデル(価格は1万5000円)と同等で、ソフトウェアは適宜アップデートされる見込みです。

【関連URL】
・Clova
https://clova.ai/m/ja/
・[詳説 Clova] LINEが狙う「お茶の間」、世界HOME覇権争いにスマートポータルで挑む @maskin
http://techwave.jp/archives/line-clova-25548.html
・TechWaveが追ったLINE
http://techwave.jp/tag/line

蛇足:僕はこう思ったッス
maskin-bit-2016 なぜ正式販売前に提供するのか? それはまず「Google Home」がこの夏に日本参入することがあげられる。Google Homeの価格は129ドル。日本では少なくとも1万3000円から1万5000円の価格帯になると考えられる。そこを押さえるための1万円という価格設定。ただ、そうなるとGoogle Homeに匹敵するだけの機能とサービスがなければ戦いにすらならないのは明白だ。そこまで「WAVE」には自信があるのかもしれない。

maskin
Follow me

maskin

Editor In Chief at TechWave.jp
1990年代初頭からソフトからハードまで50以上のスタートアップ立ち上げを国内外で経験。平行して雑誌ライターとして疾走。シリコンバレーでガレージベンチャーに参画後は、国内でネットエイジを筆頭にスタートアップに多数関与。ブログやSNSの国内啓蒙、ソニーの社内イノベーション事業など関与。通信キャリアのニュースポータルの立ち上げ期の編集デスクとして数億PV事業に育てた後、TechWaveにジョイン。世界最大のグローバルIT系メディアであるスペインの「Softonic」の元日本編集長
https://www.wantedly.com/users/24387
https://keybase.io/maskin
maskin
Follow me

最新情報をお届け

こっちはいろいろ

PAGE TOP
More in Clova, line
世界初のLINEテーマパークが6/23開業(タイ・バンコク)、VRアトラクションなど年間1200万人の来場を目指す

LINE LIVEが本体アプリに統合、インストリーム広告も展開へ

LINEがAIスピーカー参入、先行販売は夏 価格は1万円

Close