マーク・ザッカーバーグ氏三度目の来日、世界初の取り組みを発表  【@maskin】

NewsMark Zuckerberg, マーク・ザッカーバーグ


[読了時間: 2分]

 米FacebookのCEOマーク・ザッカーバーグ(Mark Zuckerberg)氏が来日した。今回で日本への渡航は3回目。

 Facebookローンチ後、ザッカーバーグ氏の初となる海外渡航先として選ばれたのは日本。Facebook最大の失敗といわれているモバイル戦略の転換のきっかけとなった国であり、今や月間2300万アクティブユーザー(2014年6月)にまで到達しつつも成長を続ける日本で再び、Facebookとして初となる米国以外からスタートするサービスの発表を行った。

DSC_0041

 プロダクトマネジメント部門副社長で国際化における重要な取り組みを仕切るナオミ・グレイト(Naomi Gleit)氏によって発表されたのは「災害時情報センター」。

 自然災害が発生したとき、災害の影響かにいる友達や家族の双方がコミュニケーションを取れるというもので、つながっている人や自分が無事であることを知らせたり、当該地域にいる人の安否を確認したり、友達の安否を報告することができるというもの。

Hero_Phone_2x.fw

いいねやシェアといったコミュニケーションから、感動や人との絆をカバーするモバイルネイティブのプラットフォームとして進化するFacebookにとって重要な位置づけとなるとのこと。また、本日より「友達」や「家族」をテーマとしたテレビCMの放送を開始するなど、世界における日本のモバイルネイティブという価値観の重要性を感じさせる内容となった。

【関連URL】
・「災害時情報センターのご案内 もしもの時に、友達のつながりを活用して安否を確認する機能」
http://ja.newsroom.fb.com/news/2014/10/safetycheck/




蛇足:僕はこう思ったッス
maskin2011009rev.fw 世界は確実に検索からコンテキストへとシフトしている。ひとつのプラットフォーム&デバイスだけでなく、パソコンとモバイルの併用は当たり前。Facebookが買収したOcurusのようなプラットフォーム多様化の時代が当然となる。それらを横断的に統合するのがFacebookのような現実社会とリンクしたソーシャルメディアである。そんなことを感じさせられた会見だった。


maskin
Follow me

maskin

Editor In Chief at TechWave.jp
1990年代初頭から国内外のソフトからハードまで50以上のスタートアップ立ち上げを経験。平行して雑誌ライターとして疾走。シリコンバレーでガレージベンチャーに参画後は、ネットエイジを筆頭にスタートアップに多数関与。ブログやSNSの国内啓蒙、ソニーの社内イノベーション事業など関与。直近では通信キャリアのニュースポータルの立ち上げ期の編集デスクとして数億PV事業に育てた後、TechWaveにジョイン。世界最大のIT系メディアであるスペインの「Softonic」に参加後、2016年からTechWave第三章として新興メディアの開発を再スタート。国内最大規模のスタートアップ&B2Bイベント「アプリ博」のオーガナイザー。
maskin
Follow me

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

PAGE TOP