アプリの通知を声で聴く、つながるヘッドセット「APLAY」 【@maskin】

CrowdFunding, IoTAPLAY, ネイン, 山本健太郎

 通勤時間帯ともなれば、時には電車内のほとんどの人がスマートフォンの画面にかじりついていることもある。混雑したホームをスマホの画面をみたまま歩く人もいる。事故も多いのでやめてほしいが、(ゲームはともかく)大切な用事がスマホに依存した社会なのは事実。

 私達がスマートフォンからつながったまま、現実社会との接点を維持し続けるにはどうすればいいか?「APLAY」はその答えの一つになるのかもしれない。
 

screenshot_1180

 入口はシンプルだ。メッセージや予定通知を、専用のヘッドフォンで “音声として” 聴くことができる。音声だから他の作業をしていても、ながら聞きも問題ない。 「いいね」などの返事はボタンひとつでOK。

 さらに、例えば、外出中や運転中などで、手が使えない時は、ヘッドフォンのマイクから音声でテキストを入力することもできる。ヘッドフォンのボタン操作だけアプリを切り替えて使用することもできる。

screenshot_1181

 多様なアプリを音声認識で操作することもできる。

「待ち合わせにはもう着いたかな?」
「次の電車はあと何分後?」
「雨が降るかな?」
「荷物が届いたかな?」
「この曲はなんて曲だろう?」

 ヘッドフォンの品質は折り紙つき。代表の山本健太郎 氏は、ハンズフリー操作についての知見の持ち主。パイオニア株式会社で国内外カーナビの開発において、技術、企画、研究プロジェクトを経験している。

screenshot_1179

 現在、クラウドファンディングサイト「makuake(マクアケ)」で、キャンペーンを実施中。記事執筆時点(2016年7月8日20時)で、目標金額60万円のうち47万6000円を達成済み。2016年7月7日にアプリ万博会場で実施した「エレベーターピッチライブ!」で注目を集めたプロダクトの一つとなった。

12時過ぎくらいからプレゼンテーションを見ることができる。
・(更新) 7/7開催 アプリ万博 & エレベーターピッチライブ! プログラム公開、TechWave.TV開始 【@maskin】
http://techwave.jp/archives/appex-and-pitchlive-program-22363.html

以下、エレベーターピッチライブ!登壇中のネイン代表 山本健太郎 氏。
DSC_4742



【関連URL】
・大事な情報を声でやりとり。移動時間を快適にするスマートイヤホン「APlay」 | makuake
https://www.makuake.com/project/aplay/
・ネイン
http://www.nain.jp

蛇足:僕はこう思ったッス
maskin-bit-2016 車社会で生活する僕は、この製品の必要性をつよく感じる。また、イベントや日常業務が多忙な人にとっても強力な武器になるだろう。

一方で混雑した駅のホームや自転車運転中でのヘッドフォン装着は、周辺音が遮断されかなり危険なわけだが、そういった対応策などももりこまれるようなら必須情報デバイスの一つになるうるように思うっす。

なお、ネイン山本健太郎 氏によれば「自転車通学等は、将来的に、別の形のハードウェアでサポートしたいとは考えています。駅については、ニーズを見つつ、駅モード・アッテネータ的なもので、検討したい」とのことでした。

maskin
Follow me

maskin

Editor In Chief at TechWave.jp
1990年代初頭から国内外のソフトからハードまで50以上のスタートアップ立ち上げを経験。平行して雑誌ライターとして疾走。シリコンバレーでガレージベンチャーに参画後は、ネットエイジを筆頭にスタートアップに多数関与。ブログやSNSの国内啓蒙、ソニーの社内イノベーション事業など関与。直近では通信キャリアのニュースポータルの立ち上げ期の編集デスクとして数億PV事業に育てた後、TechWaveにジョイン。世界最大のIT系メディアであるスペインの「Softonic」に参加後、2016年からTechWave第三章として新興メディアの開発を再スタート。国内最大規模のスタートアップ&B2Bイベント「アプリ博」のオーガナイザー。
maskin
Follow me

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

PAGE TOP