NewYorkTime紙が大統領選挙戦に向け有料コンテンツを無償開放 【@maskin】

エンタメ米大統領選

日本時間の2016年11月8日20時から投票が始まる米大統領選。

現地有力紙NewYorkTimesは有料のウェブサイトやアプリを現地時間の11月9日 23時59分までの72時間に渡り無料で開放する。日本からのアクセスも可能で、日本時間の11月10日13時59分まで利用利用できる。

nytimes-2016-election-fw

各種レポートのほか、出口調査や人口統計に基づいたライブ予想を発信。アプリでは重要なニュースをプッシュで配信する予定。

またFacebookページでは特派員からの美レオレポートなどをリアルタイムに発信するほか、ポッドキャストでも発信していく。

・Facebookページ
https://www.facebook.com/nytimes

・ポッドキャスト「RunUpElevtion」
http://www.nytimes.com/column/run-up-election-podcast

【関連URL】
・The New York Times to Offer Open Access on Web and Apps for the Election
http://www.nytimes.com/2016/11/04/homepage/new-york-times-open-access-election-2016.html

蛇足:僕はこう思ったッス
maskin-bit-2016 民主党のクリントン候補と共和党のトランプ候補の接戦。NHKの報道(「米大統領選挙きょう投票 接戦州で最後の訴え続く」)によると、世論庁舎における両陣営の支持率の差は2.9ポイントで「予断を許さない」状態にあるという。その他、報道の通り、米大統領選の結果は日本に大きな影響を及ぼすと考えられている。できることならばリアルタイムでその行方をキャッチアップしていきたいもの。


PAGE TOP
More in エンタメ
「ナレッジシェアアプリTANREN」が第13回日本eラーニングアワードにて経済産業大臣賞を受賞【@masaki_hamasaki】

ソフトバンク出資のNextVR、プロリーグ初 米NBAの試合をVR中継 【@maskin】

INDUSTRIAL JP – 町工場 x DJ、ぶつかりあう技術と情熱のリミックス 【@maskin】

Close