続・深刻化するAmazonマーケットプレース詐欺、自社製品を偽出品され販売停止という被害も

News

昨日公開した「深刻化するAmazonマーケットプレース詐欺、任天堂Switchを2200円で販売も対応せず」は大きな反響を呼びました。問題視されるようなセラー(出品者)がいても、Amazon.co.jpは「(マーケット・プレースなので)問題ではありません」と対策を打たないことが、詐欺行為の助長となるのではないかという声が広まりました。

ところが、一夜明け、Amazon.co.jpには詐欺を疑われるセラーが爆発的に増加しています。中には「どこにも下ろしていない自社製品を偽装出品された」というケースも出てきています。さらに、Arduinoなどの製品をメーカーという立ち位置で販売するスイッチサイエンス社のようにAmazon.co.jpから「出品を停止する」という措置が行われるところも出てきました。

偽物か出品行為がウソの可能性

スイッチサイエンス社が公開したブログ記事「ArduinoをはじめようキットがAmazonにて出品停止されている件について」では、Amazonマーケットプレースにおける一連の詐欺的セラーが、同社の製品をきわめて安い価格で出品している問題を指摘しています。

同社はこの製品の卸元であり、販売店を把握していることから「販売している商品が偽物である、または出品行為自体がウソで商品が届かないというケースもあると聞きます。注文の際はご注意ください」注意を促していましたが、そんな中でAmazon.co.jpから「出品価格が誤っている可能性がある商品を出品停止とさせていただきました」というメールが届いたということです。

記事によれば、その理由は「Amazonが定めた初期値または出品者様が設定した価格の上限・下限値を超過した場合などにより、出品価格の設定が誤っている可能性が判明しました」ということのようで、「価格設定の誤りにより購入者に悪い印象を与えるおそれがないよう、対象商品の出品を一時的に停止させていただきました」という内容とのことです。

メーカーそのものがこうした内容を突きつけられる状況に落胆するのは当然といえます。しかし、スイッチサイエンス社のように「それでもAmazon経由で買えるというのは、なにかと便利な世の中ですので、引き続き出品を頑張ります」という事業者が多いのが現実だと思います。今後、Amazon.co.jpはどう動くのか、注目されます。

【関連URL】
・深刻化するAmazonマーケットプレース詐欺、任天堂Switchを2200円で販売も対応せず
http://techwave.jp/archives/amazon-marketplace-scam.html

蛇足:僕はこう思ったッス
maskin-bit-2016 メルカリが現金出品を禁止したり、Facebookがフェークニュース拡散を防ぐ機能に取り組んだり、プラットフォームがその経済システムの中でさまざまな対策を進めている。事業者によっては「ただのプラットフォームだから」「ただのインフラだから」「ただのマーケットプレースだから」という主張を貫き、一部それが認められる時代もあったと思う。ただ、この問題、誰が不正な行為を抑制できるのだろう。「当事者でやりとりしてよ」という放置プレイでは、問題は爆発的に拡大するのは間違いなさそうだ。
maskin
Follow me

maskin

Editor In Chief at TechWave.jp
1990年代初頭からソフトからハードまで50以上のスタートアップ立ち上げを国内外で経験。平行して雑誌ライターとして疾走。シリコンバレーでガレージベンチャーに参画後は、国内でネットエイジを筆頭にスタートアップに多数関与。ブログやSNSの国内啓蒙、ソニーの社内イノベーション事業など関与。通信キャリアのニュースポータルの立ち上げ期の編集デスクとして数億PV事業に育てた後、TechWaveにジョイン。世界最大のグローバルIT系メディアであるスペインの「Softonic」の元日本編集長
https://www.wantedly.com/users/24387
https://keybase.io/maskin
maskin
Follow me

最新情報をお届け

こっちはいろいろ

PAGE TOP