ドローンの自律飛行アルゴリズム、クラッシュ1万1500回ディープラーニングにより獲得

Drone, ロボット

このような多数の障害物がひしめく狭い室内をドローンを飛ばすにはどのように操縦すればいいか?熟練の操縦士ならうまく航行ルートを見いだすことができるかもしれませんが、それをドローンに学習させるとなるとまたさらに難しい問題となるでしょう。

カーネギーメロン大学ロボット工学研究所(CMU Robotics)が見いだしたのはクラッシュした状況をディープラーニングによりノウハウとして蓄積する方法でした。

学習した回数はクラッシュ1万1500回分。研究員は、深層たたみ込みニューラルネットワーク(deep convolutional neural networks)を使い衝突しないで飛ぶアルゴリズムを獲得しました。

無人機(UAV)の自律航行はシミュレーションなどで学習させる方法がありますが、実際飛行させてみるとクラッシュの危険にさらされます。高価なドローンを破損させてしまわないよう慎重に実験せざるを得ません。

そこを逆手にとったのがCMU Roboticsの研究です。安価で簡単に修復可能なAR Drone 2.0を使い、1万1500回に渡るクラッシュの情報を学習させていったということです。

もちろん、ドローンの目的はクラッシュしないことではなく飛行できることです。クラッシュしないことを学習したからといってうまく飛行できるかはわかりませんが、あえてその角度から自律飛行アルゴリズムの取得に挑戦したということです。

実際のところ、うまくいったケースとクラッシュしたケースを学習させることで、うまく航行できるルートを獲得することができているようです。

【関連URL】
・Drone Uses AI and 11,500 Crashes to Learn How to Fly
http://spectrum.ieee.org/automaton/robotics/drones/drone-uses-ai-and-11500-crashes-to-learn-how-to-fly

蛇足:僕はこう思ったッス
maskin-bit-2016 ルートをした場合と比較すると2倍から10倍効率よく航行することができるとのこと。すべてのドローンがクラッシュできるわけではないが方法論として興味深い。
maskin
Follow me

maskin

Editor In Chief at TechWave.jp
1990年代初頭からソフトからハードまで50以上のスタートアップ立ち上げを国内外で経験。平行して雑誌ライターとして疾走。シリコンバレーでガレージベンチャーに参画後は、国内でネットエイジを筆頭にスタートアップに多数関与。ブログやSNSの国内啓蒙、ソニーの社内イノベーション事業など関与。通信キャリアのニュースポータルの立ち上げ期の編集デスクとして数億PV事業に育てた後、TechWaveにジョイン。世界最大のグローバルIT系メディアであるスペインの「Softonic」の元日本編集長
https://www.wantedly.com/users/24387
https://keybase.io/maskin
maskin
Follow me

最新情報をお届け

こっちはいろいろ

PAGE TOP