メタップス、時間を再発明する新サービス「TimeBank」のティザーサイト公開

News

オンライン決済サービス「SPIKE」やマーケティングサービスなどを展開するメタップスは2017年5月25日、コンシューマ事業の一環として時間の再発明をテーマとした市場創造に乗り出すと発表しました。第一弾は「TimeBank」という名称で、サービス公開は2017年初秋を予定しているとのことで、本日ティーザーサイトが公開されています。

新サービス「TimeBank」は代表取締役 佐藤 航陽氏直下の注力事業といつ位置づけで、これまで培ってきたアプリマーケティングおよびファイナンスの知見を活用するとのこです。

メタップスの3つの柱と人工知能から生まれた新サービス

メタップスは、中期経営戦略でデータを軸とした経済=「データノミクス(Data+(eco)nomics)」をキーワードに掲げ、金融・マーケティング、そして今回新たにコンシューマービジネスを加えた3つの柱の融合を画策しています。

その中核にあるのが、同社の「Laplace(ラプラス)」とよばれる人工知能(AI)の研究開発プロジェクトです。事業を通して得られた情報を含むあらゆるデータを機械学習させることで、お金の流れを予測し自社の経営効率化や新しいサービスの創出に役立てよう、という考えです。

今回発表された「Timebank(タイムバンク)」は、コンシューマー向けの新しいアプリという位置づけですが、メタップスのこれまでの蓄積が活用された事業になるとのこです。

【関連URL】
・TimeBank
http://timebank.jp

蛇足:僕はこう思ったッス
maskin-bit-2016 「時間の再発明」とは何でしょうか?数年前に代表の佐藤氏を取材した時も、何かそれを匂わせるようなビジョンを掲げていました。決済とマーケティング、そこに関係する時間といえば、、タイムセールやフラッシュセールくらいしか思いつきませんがそれだと安直過ぎますね。時間という不可逆なものを再発明するということは、何らかの尺度を事業のコアに据え置くということでしょうか。納期が早いと値上がりするクラウドソーシングとか?
今後に期待されます。

maskin
Follow me

maskin

Editor In Chief at TechWave.jp
1990年代初頭からソフトからハードまで50以上のスタートアップ立ち上げを国内外で経験。平行して雑誌ライターとして疾走。シリコンバレーでガレージベンチャーに参画後は、国内でネットエイジを筆頭にスタートアップに多数関与。ブログやSNSの国内啓蒙、ソニーの社内イノベーション事業など関与。通信キャリアのニュースポータルの立ち上げ期の編集デスクとして数億PV事業に育てた後、TechWaveにジョイン。世界最大のグローバルIT系メディアであるスペインの「Softonic」の元日本編集長
https://www.wantedly.com/users/24387
https://keybase.io/maskin
maskin
Follow me

最新情報をお届け

こっちはいろいろ

PAGE TOP
More in Metaps, TimeBank, タイムバンク, メタップス
MetapsもC2Cフリマ参入、決済フリーミアム「SPIKE(スパイク)」ブランドで物々交換アプリ 【@maskin】

決済のフリーミアム「SPIKE(スパイク)」がオープンベータ公開、初期費用・手数料無料の決済サービス【@maskin】

改めて「スマホで世界をねらうために知っておきたい3つのこと」を読んでみた 【増田 @maskin】

Close