カヤックが国内唯一のeSports専門会社を子会社化

e-Sports

「eSports」それはオンラインゲームで対戦するスポーツ競技です。日本ではまだまだ認知がありませんが、世界には5500万人以上の競技人口があると言われており、年間の賞金総額が1億円を超える人もでているとのことです。日本には唯一のeSports専門会社ウェルブレイド社があり、試合の企画から運営、審判などを手がけています(以下はウェルブレイド社が運営するeSportsを収録した映像)。

そんなウェルプレイドとカヤックが2017年6月9日、eSports市場における製品開発・運営に関する業務・資本提携について合意したと発表しました。カヤックはウェルプレイドの株式の60%を取得し特定子会社となります。

カヤックは、スマートフォンゲームコミュニティサービス「Lobi」を2013年5月から展開(グループチャット「ナカマップ」から改名)しており、オンライントーナメントの開催や動画記録の技術などのノウハウを蓄積してきました。また、ゲームのキャンペーンサービス「ゲー宣部」でマーケティングも行っています。

ウェルプレイドとカヤックは、両者がもつノウハウと資産、既存サービスを活用し、eSport市場においてリーグコンテンツの開発・運営、およびeSportsメディアの開発・運営を展開する考えです。

 

オリンピック競技として注目されるeSports

「あくまでゲームはゲーム」と、日本ではそういう印象を持つ人が依然多い状況ですが、アジアオリンピック評議会は、中国のアリババグループが設立したスポーツ団体「Alisports」と協力して2018年と2022年に開催されるアジア競技大会の種目に「eSports」を採用すると発表しています。

日本でも一般社団法人「日本プロeスポーツ連盟」が立ち上がっており、国際eスポーツ連盟に加入するほか、日本で行われるeスポーツ競技会に参加する韓国の選手にアスリートビザを発行するなどの活動を行っています。

【関連URL】
・eSportsの企画、開発、運営を行う 「ウェルプレイド」と業務・資本提携合意のお知らせ
https://www.kayac.com/news/2017/06/wellplayed
・ウェルプレイド株式会社
http://wellplayed.jp/

蛇足:僕はこう思ったッス
maskin-bit-2016 先日神戸で開催された招待制イベント「IVS」のセッションで、じげん社の代表取締役社長 平尾丈 氏が対戦ゲームで日本のトップに立っていたというエピソードを明かにしましたが、実にシビアで鍛錬が必要な世界だということを改めて感じました。僕自身もかつて対戦ゲームに夜な夜な挑戦していたことがありますが、本音をいいますと「明らかにスポーツだ」と思ってます。

maskin
Follow me

maskin

Editor In Chief at TechWave.jp
1990年代初頭からソフトからハードまで50以上のスタートアップ立ち上げを国内外で経験。平行して雑誌ライターとして疾走。シリコンバレーでガレージベンチャーに参画後は、国内でネットエイジを筆頭にスタートアップに多数関与。ブログやSNSの国内啓蒙、ソニーの社内イノベーション事業など関与。通信キャリアのニュースポータルの立ち上げ期の編集デスクとして数億PV事業に育てた後、TechWaveにジョイン。世界最大のグローバルIT系メディアであるスペインの「Softonic」の元日本編集長
https://www.wantedly.com/users/24387
https://keybase.io/maskin
maskin
Follow me

最新情報をお届け

こっちはいろいろ

PAGE TOP
More in eSports, カヤック, 久場智喜, 柳澤大輔, 谷田優也, 貝畑政徳
楽天が初の参加型イベント、プレゼント狙いリアルバズーカ発射!をライブ中継 【増田 @maskin】

日本のIT教育についてちょっと考えてみる「Life is Tech !」発起イベントのお知らせ【小森】

カヤックがスマートフォン用IP電話アプリ「Reengo(リンゴー)」公開、facebookアカウントから発信可能 【増田(@maskin)真樹】

Close