高級レストラン予約「ポケットコンシェルジュ」が三越伊勢丹イノベーションズから資金調達

資金調達

厳選された高級レストランに特化し、予約から決済まで行えるサービス「Pocket Concierge(ポケットコンシェルジュ)」を運営するポケットメニュー社は本日2017年7月4日、三越伊勢丹イノベーションズを引受先とする第三者割当増資を実施しました。

三越伊勢丹イノベーションズは、三越伊勢丹ホールディングスの100%子会社で、ベンチャー投資による三越伊勢丹グループにおけるオープンイノベーションを推進する組織です。なお、今回の出資を契機に、ポケットメニューが掲載する日本の高級レストランを世界に発信するパートナーとして、業務提携の検討も進める計画です。

「ポケットコンシェルジュ」は有名レストランはもちろん、シェフがおすすめする隠れた名店、知る人ぞ知る会員制レストランなども予約できるのが売り。普段はキャンセル待ちを受け付けないお店も、このサービスを使用すればキャンセル待ちができるようになるなどの特典もあります。登録されているレストランは東京都内で約460店舗(2017年6月末現在)。

今回の資金調達以降、三越伊勢丹HDグループのカード会員約270万人に向け「ポケットコンシェルジュ」のサービス紹介を行うほか、レストラン利用時にエムアイポイントを還元するなどの連携を検討するとのことです。

ポケットメニュー社は2011年創業。2013年にフジ・スタートアップ・ベンチャーズと日本ベンチャーキャピタルから、2015年2月にLINEから資金調達を実施しています。

また、2016年4月にはアイ・マーキュリーキャピタル、アドウェイズ、マネックスベンチャーズ、アライドアーキテクツおよび500 Startups Japanが運営するファンドからインバウンド需要を見込んだ資金調達を実施しており、今年2017年5月、出資元のアライドアーキテクツとインバウンド旅行者の富裕層をターゲットとしたマーケティン施策を展開しています。

【関連URL】
・Pocket Concierge(ポケットコンシェルジュ)
https://pocket-concierge.jp/?locale=ja
・三越伊勢丹イノベーションズ
http://www.isetanmitsukoshi-innovations.co.jp/

蛇足:僕はこう思ったッス
maskin-bit-2016 ラグジュアリー領域でのタッグ。国内外の展開も歩調を合わせられる可能性もあるよい形。インバウンド旅行者の国内消費額は一時期は、国によって一人あたり200万円を超えたというケースもあったようで、日本ならではの価値を存分に楽しめるのだとしたら高額であっても一定の需要がありそう(日本人が海外旅行するとしても、同じことを考えるだろう)。何よりいいと思うのが、こうした老舗企業がオープンイノベーションに向かい、かつ意欲的な連携を模索するところ。日本のスタートアップシーンの始まりを感じさせてくれる。今後に期待したい。

maskin
Follow me

maskin

Editor In Chief at TechWave.jp
1990年代初頭からソフトからハードまで50以上のスタートアップ立ち上げを国内外で経験。平行して雑誌ライターとして疾走。シリコンバレーでガレージベンチャーに参画後は、国内でネットエイジを筆頭にスタートアップに多数関与。ブログやSNSの国内啓蒙、ソニーの社内イノベーション事業など関与。通信キャリアのニュースポータルの立ち上げ期の編集デスクとして数億PV事業に育てた後、TechWaveにジョイン。世界最大のグローバルIT系メディアであるスペインの「Softonic」の元日本編集長
https://www.wantedly.com/users/24387
https://keybase.io/maskin
maskin
Follow me

最新情報をお届け

こっちはいろいろ

PAGE TOP