Webクリエイター向けプロフィールサービス『SKILLSAND(スキルサンド)』と日本ディレクション協会がキャリア支援分野で提携【@aco220】

NewsSKILLSAND, クリエイター, スキルサンド, 日本ディレクション協会


[読了時間: 2分]

2013年7月23日、Webクリエイターが自らのスキルを数値化して公開できるサービス『SKILLSAND(スキルサンド)』が日本ディレクション協会とのキャリア支援部門での提携を発表しました。

今回は、具体的な提携内容およびSKILLSANDのサービスについてご紹介します。

Myページ

従来のプロフィールサービスでも、確かに自らのスキルを掲載することはできました。しかしながら、それぞれのスキルの経験年数や具体的なスキルレベルが一目で分かる公開や、他者とのスキルの比較までは困難だったと思います。このサービスは、そのようなこれまでの悩みを解消してくれるような機能やデザインとなっているのです。

SKILLSAND(スキルサンド)とはどのようなサービスか

このサービスでは自らの持つスキルを細かく分類することができ、それぞれの経験年数や経験レベル、参加したプロジェクト数など様々な問いに回答していくことで、それらを細かく数値化してグラフの形でMyページに表示できるようになっています。

細かく分類されたスキルの質問に答えていくことで、自分の経験の振り返りになりますし、答えていくのが楽しいです!どんどん自分のページに数値化されたスキルがビジュアル化されて載るのが面白い!職能は円グラフで、細かいスキルは横棒グラフでユーザー全体の平均レベルとの比較ができるようになっています。

そして各スキルを選択すると、回答しておいた経験年数などの具体的な内容を確認することができます。

スキル詳細

実際に自分のページを作ってみて、まず、楽しみながら自分の経験やスキルを振り返ることができると感じました。そしてやはり、自らのスキルがグラフでビジュアル化されるのは分かりやすい!あとは、サービスを利用している友人に肩書きを提案することができるのは面白いと思います。面白い肩書きを提案するのも良いですが、職能やスキルだけでなく仕事をする上での自分の抽象的魅力はなかなか自分ではなかなか表現しづらいものだと思うのです。

また、Facebookのようにカバー画像を設定できるのでデザイナーにぴったりだと思いますし、開発系スキルも細かく登録できるためエンジニアやプログラマーにもぴったり。Webに関わるクリエイターなら誰でも重宝するサービスだと感じました。あとはもう少しプロジェクト歴辺りが一目で見やすくなったり、簡単なポートフォリオページも追加できたり、Myページに表示するスキルの順序を変更できたりすると嬉しいかな……とも思います。

SKILLSANDのWebディレクター系スキルを日本ディレクション協会が監修

32735_1_MKFUXGZFzZ

ご紹介したようにSKILLSANDはスキルを登録して公開することに長けたサービスということですが、今回の日本ディレクション協会との提携はどのような内容かをご紹介したいと思います。

まず、日本ディレクション協会は2013年3月に「デスマーチをなくそう!」というテーマのもと、Webディレクターの能力向上を目的とし結成された団体です。定期的にワークショップやセミナーを開催しており、Webディレクターはもちろん、仕事で少しでも関わりのある人は注目しておいて損はない団体なのではないかと思います。

そして提携第一弾として発表されたのが「SKILLSANDのWebディレクター系スキルを日本ディレクション協会が監修」。SKILLSAND内のWebディレクタースキルを日本ディレクション協会が監修・定義するそうです。現在SKILLSANDにおいて「スキルの比較機能」を開発中であり、「友達のスキル」や「統計データ」「実在の求人情報」「年収」などと自分のスキルを比較することができるようになる予定とのこと。それによって、自身のWebディレクターとしての評価の正当性や次のキャリアアップまでの距離感をWeb上で簡単に確認できるようになるようです。

提携内容のその他詳細はプレスリリースをご参照いただければと思いますが、Webディレクターの能力と価値がこの提携を通じて向上していくことを願っています!

【関連URL】
・SKILLSAND(スキルサンド)
http://skillsand.me/
・日本ディレクション協会
http://www.direkyo.org/

蛇足:もうちょっとだけ言わせて!
私は元々Webディレクターだったためディレ協(日本ディレクション協会の通称)は知っていたのですが、SKILLSANDは使っていて楽しい上にスキルが数値やビジュアルとして可視化されるところがかなり使い勝手良く、今回の提携はとても相性が良いと思いました。個人的にも嬉しいです。確かにWebディレクターは企画系、デザイン系、開発系など知識レベルや得意分野で分類されることなどがありますが、なかなかそれがぼんやりしている人は多いのではないかと思っています。明確にスキルアップやキャリアアップを考えている人だけでなく、自らのスキルを振り返り強みを確認したい人など、様々なWebディレクターのためにサービスがもっともっと良くなっていけば嬉しいです。
著者プロフィール:ライター/デザイナー鈴木 梢(あこ)

千葉県生まれ、千葉県育ち、千葉県在住の24歳。新卒で入社したモバイル系制作会社にてスマートフォンアプリやソーシャルメディアを活用したキャンペーンのディレクションを担当し、その後はトレンダーズ株式会社にてソーシャルメディアを活用した女性向けウェブサービスの運用を担当。現在は桑沢デザイン研究所に通いながら、主にフリーのライター/デザイナーとして活動中。
主に国内のO2O施策や新しいウェブサービス、既存ウェブサービスに関するユーザー心理や利用シーンに関する考察などの記事書きます!オンライン×オフライン大好き!

メール:aco19890220aco[at]gmail.com
ブログ:http://aco220.com
Twitter:@aco220
Facebook:http://www.facebook.com/aco220

あこ

千葉県生まれ、千葉県育ち、豊島区在住の26歳。大学卒業後、モバイルコンテンツの制作会社やPR会社などでWebディレクターをしたり、専門学校生をしたり、Tech系フリーライターをしたりして、現在に至る。現在は出版社にて女性向けWebメディアの専属ライター。

メール:aco19890220aco[at]gmail.com
Twitter:@aco220
Facebook:http://www.facebook.com/aco220

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

PAGE TOP