500Startupsによる日本国内初の投資案件、会議室シェアサービス「スペイシー」に投資【@masaki_hamasaki】

Newsspacee, スタートアップ

 先日インタビューを行った株式会社スペイシーが2016年4月13日、500 Startups Japan (代表:ジェームズ・ライニー)より、第三者割当増資による資金調達を実施しました。シリコンバレーのVCとしては最大級である500StartupsJapanの最初の案件。

 資金は、掲載物件獲得の費用、掲載後の物件利用を促進する広告に加えて、ポイント機能やサイト内のメッセージ機能、アプリなど新規の機能開発にあてる予定とのこと。

 500Startupsの出資を決めた背景は、株式会社スペイシーは、海外展開を見据えており、海外での人材採用や資金調達、事業提携の手助けを期待してとのことだ。

 今後、500Startupsと共同企画で、スタートアップにオフィス環境を無料で提供し、VCや国内の様々な企業との繋がりづくりを支援する『Startup Garage』を実施する。スタートアップは、日中はスペイシーが提供するオフィスで仕事を行い、夜間や休日を会議室・オフィスとして貸し出すことができる。

 この企画は、株式会社スペイシーが創業当初のオフィスで実施していた「創業体験」がベースになっているとのこと。当時の家賃はこの手法で浮かせて、その費用で開発等の必要なものに投下できた。

 将来的には、既存企業の余ったオフィススペースをスタートアップに貸し出し、企業側の提供するメリットはストックオプションやオープンイノベーションが生まれる土壌作りを目指す。500Startupsには、入居しているシード段階のスタートアップへの投資やメンタリングなどを実施してもらう。

 入居企業は、4月中にも募集をスタートし、年内で数十組程度にオフィスを提供するスキームを構築する。

蛇足:僕はこう思いました

IMG_0511 (1)先日、インタビューさせていただいてからの投資のニュース。サービスへの思い、日本のスタートアップ環境をよくしたいという思いが感じられる。海外展開も考えているとのことで、国内展開の戦略とともに海外戦略もウォッチしていきたい。『Startup Garage』の設立場所についても追っていきたい。

Masaki Hamasaki

Masaki Hamasaki

株式会社メディアインキュベートの代表取締役社長。

メディア作りの請負、メディア作りに特化したプラットフォームを立ち上げ、メディアに特化した投資を準備中。編集、開発、運用、営業、広告、SNS運用、採用まで支援。

過去に夕刊紙、ポータルサイト、動画メディア、複数のニュースサイト、キュレーションメディア、コミュニティ型CGMのディレクター他、マーケティング、事業開発、編集、運用、営業を経験。
Masaki Hamasaki