またしてもgoogleが作るグーグルフォンのうわさ、これは意外に事実かも

 こんどはGIZMODOだ。日本語版ギズモードが訳してくれるのかどうか分からないので、とりあえず要点を書く。

According to a trusted source who’s seen it with their own eyes, the Google Phone "is a certainty."
実物を実際に見たという信頼できる筋によると、グーグルフォンは実在する。

 かれらが見たグーグルフォンというのは大きめのLCDが搭載されていて、コード名Flanの最新バージョンのandroidもしくはその次のバージョンのOSが搭載されている、というもの。でもGIZMODOのスタッフが最も驚いたとしているのはgoogleの担当者の一言だったようだ。

But maybe the most intriguing bit is what someone said to our source offhandedly, that the current Android, the we all know and love, is not the "real" Android. So what makes for a "real" version of Android?

「現在のAndroidは本当のAndroidじゃない」。本当のAndroidじゃないって、じゃあ本当のAndroidって何なんだろう。
 GISMODOはGoogle Voiceを核にしたAndroid OSのことじゃないかって推測している。

 Google Voiceって結構話題になっていて、Google Voiceが使えないからiPhoneはだめだっていう意見もよく耳にする。僕自身、日本に住んでいるのでGoogle Voiceは未体験。なんで、どんなものか実際によく分からない。なにやら1つの電話番号で固定電話、ケータイ電話、留守番電話なんかを全部統合できるようなもので、ユーザーにとっては非常に便利なんだけど、電話事業者に大打撃を与えかねない可能性のものらしい。パソコン上では使えるようなんだけど、やはりスマートフォンで使えれば、その使い勝手は大幅向上するだろうという。
 それはなんとなく分かる。パソコンでSkypeを使う感じと、iPhoneでskypeを使うのは、まるで別の体験のように感じるのと同じことかもしれない。iPhoneで使うskypeってまるで電話。もうこれで十分、電話料金を支払って電話するのがばからしい感じになる。
 さて、どういう理由でgoogle voiceがiPhoneで却下されたのか、詳しいことは知らないけど、google vioceを脅威とみなすiPhoneの通信事業者であるAT&Tがプレッシャーをかける可能性も十分にあると思うし、googleに電話事業をすべて押さえられてしまうとAppleが危惧した可能性もありかも。
 AppleとGoogleって、ますます正面衝突のコースに入ってきている感じがするしなあ。
 先日もAppleは、地図に関する技術者を募集していたし

The iPhone has revolutionized the mobile industry and has changed people’s lives and we want to continue to do so. We want to take Maps to the next level, rethink how users use Maps and change the way people find things.
iPhoneはモバイル業界と人々のライフスタイルを一変させたし、われわれはこの変化を継続させたい。そこで次は地図を次のレベルにまで持ち上げたい。人々の地図の使い方、物の見つけ方を変えるような変化を起こしたい。

 地図が次のイノベーションの中心だとは僕も思うし、これはこれで当然の流れなんだろうけど、でもこれってもう完全にGoogle Mapと正面衝突のコースに流れ込んでいる。
 確かにAdroidは世界のケータイ端末メーカーに使ってもらう必要がある。だからGoogleは自ら端末メーカーになって世界の端末メーカーと競合する立場になるべきではない、という考え方がある。
 問屋が小売店舗を始めると取引先の小売業者とバッティングするので小売業者から苦情がくる。だから普通は問屋が自ら小売店鋪を開くことはない、ということと同じだ。でもライバル社との競争が激化すると、自らディスカウントストアを開設する問屋だって出てくる。悠長なことは言ってられなくなるからだ。
 世界のITの主戦場は、モバイルの領域に移行した。AppleとGoogleの戦いが本格化するのは避けられないんだろう。
 日本のモバイル産業が、世界をリードした時代は終わった。日本のプレーヤーにとってこれからは、AppleとGoogleの関ヶ原の戦いの際に西軍、東軍どちらにつくかという戦略が重要になるのかもしれない。
 さてgoogle独自のグーグルフォンだけど、今回のGIZMODOに加え、これまで何度かgoogleに関する独自情報をものにしてきたTechCrunchのMichael Arringtonが「これはもう噂ではなくて真実だ」と自信たっぷりに書いているということもあるので、このうわさは結構信憑性が高いのではないかと思うよ。

About maskin

1990年代初頭からソフトからハードまで50以上のスタートアップ立ち上げを国内外で経験。平行して雑誌ライターとして疾走。シリコンバレーでガレージベンチャーに参画後は、国内でネットエイジを筆頭にスタートアップに多数関与。ブログやSNSの国内啓蒙、ソニーの社内イノベーション事業など関与。通信キャリアのニュースポータルの立ち上げ期の編集デスクとして数億PV事業に育てた後、TechWaveにジョイン。世界最大のグローバルIT系メディアであるスペインの「Softonic」の元日本編集長を経て現在に至る。
https://valu.is/maski