はてな近藤社長インタビュー②

non-Category

▼これまでの10年、これからの10年
 近藤社長にとって、これまでの10年はコミュニケーションツールが変化した10年だった。これからの10年もその延長線上でどう変化していくのかに興味があるという。SNSにしろ、これまでは実社会の人間関係をネット上に反映させる仕組みが主だった。これからは実社会にないような人間関係、ネット上しか存在しないような人間関係のあり方というものが登場してくるのか、こないのか。
 ゲームにどっぷりとつかっている人たちは、ツールを売買できる経済圏を形成していたりと、ネット上ならではの人間関係を既に築いている、という見方もできる。ゲーマーだけでなく一般の人たちも同様のネット社会を築くようになるのだろうか。
 多分同じ関心を持つ人が小宇宙を形成するようになるんだろうけど、それは社会の分断を意味するのだろうか。
「近藤社長インタビュー 第2回音声ファイル」

「湯川鶴章のIT潮流」の登録は、以下のバナーをiTunesなどにドラッグ&ドロップして下さい。

湯川的いい加減用語解説

【web2.0】簡単に言ってしまえば、ウェブが今までと変わってきたね、ということを「web2.0」という言葉で一まとめにしただけのこと。具体的には、ユーザーの情報発信がコンテンツになってきたとか、複数のウェブサイトの機能を合わせて新しいサービスを作るとか、そういったこと。もっとまともな解説は佐藤 匡彦さんのブログなどが詳しくていい。
【P2P】大きなコンピューターで集中して演算処理するのではなく、ネット上に存在する複数(無数)の余剰能力を持ったコンピューターを利用して分散処理する、とかそういうこと。もっとまともな解説は、ウィキペディアでどうぞ。
【コンシューマー・ジェネレーテッド・メディア(CGM、消費者発信メディア)】ブログとかSNSとか消費者が発信する情報が、既存メディア並みのコンテンツを出せるようになっている。企業のマーケティング担当者、広報担当者は、既存メディアだけではなく、ブログなどにも目配りしなければなりませんね、という話。もっとまともな解説を読みたい人は、藤元健太郎さんの記事をどうぞ。
【SNS(ソーシャル・ネットワーキング)】グリーとかミクシィとかいうやつです。

近藤語録

  • 「離れていても人と人が意識を通わせることができる環境にあると、人はいかに進化できるのだろう、ということに興味がある。はてなもそこのところをやっていくと思う」
  • 「実社会の人間関係を超えた人間関係って実は既にある。ゲームを一日中する人とかネットだけに生きている人が既にいる。問題は、それが何百万人というレベルに達するか。(実社会の人間関係を超えるものは)どの分野から生まれてくるのか興味がある」
  • 「同じことに関心のある人が集まって『タコツボ』化が進む。深いコミュニティーができる。そこが今までになく進化するということは容易に想像がつく」
  • 「外に開かれているかどうか。鎖国している国は続かない。壁がありながらも出入りがある必要がある。世界につながっているべき」
maskin
Follow me

maskin

Editor In Chief at TechWave.jp
1990年代初頭からソフトからハードまで50以上のスタートアップ立ち上げを国内外で経験。平行して雑誌ライターとして疾走。シリコンバレーでガレージベンチャーに参画後は、国内でネットエイジを筆頭にスタートアップに多数関与。ブログやSNSの国内啓蒙、ソニーの社内イノベーション事業など関与。通信キャリアのニュースポータルの立ち上げ期の編集デスクとして数億PV事業に育てた後、TechWaveにジョイン。世界最大のグローバルIT系メディアであるスペインの「Softonic」の元日本編集長
https://www.wantedly.com/users/24387
https://keybase.io/maskin
maskin
Follow me

最新情報をお届け

こっちはいろいろ

non-Category

Posted by maskin


PAGE TOP
More in non-Category
はてな近藤淳也社長インタビュー①

ネットは新聞を殺すのか「おわりに」
すごいと思う人たち
Close