ネットに先手必勝はない

News

 以前、「ネット先手必勝のうそ」というエントリーを書いたことがあるが、米Business2.0誌が「Start Last, Finish First」という記事で、後発組のほうが有利であると説いている。
 その理由として①オープンソースのソフトウェアを利用できる②オフショアの製造業者を利用できる③ネットを使ったマーケティングができる④ベンチャーキャピタルや投資家が潤沢な資金を投入する用意がある、などを挙げている。
 後発勝ち組の例としては以下の企業などを挙げている。

  •  先行するビジネスツール提供サイトのSalesforce.comを後追いするEntellium(使い勝手のよさ、早さ、安さの勝利)
  •  IT情報サイトSlashdotを後追いするDigg(アマゾンのレコメンデーション機能など、ほかの分野のネット企業が提供するサービスを積極的に採用)

やっぱネット事業に先手必勝はないんだと、あらためて思った次第。それだけ技術の進歩が早いということか。新入社員のみなさん、ネット大手に入社できたからといって人生安泰ではないですよ。

maskin
Follow me

maskin

Editor In Chief at TechWave.jp
1990年代初頭からソフトからハードまで50以上のスタートアップ立ち上げを国内外で経験。平行して雑誌ライターとして疾走。シリコンバレーでガレージベンチャーに参画後は、国内でネットエイジを筆頭にスタートアップに多数関与。ブログやSNSの国内啓蒙、ソニーの社内イノベーション事業など関与。通信キャリアのニュースポータルの立ち上げ期の編集デスクとして数億PV事業に育てた後、TechWaveにジョイン。世界最大のグローバルIT系メディアであるスペインの「Softonic」の元日本編集長
https://www.wantedly.com/users/24387
https://keybase.io/maskin
maskin
Follow me

最新情報をお届け

こっちはいろいろ

News

Posted by maskin


PAGE TOP
Read previous post:
ネットは集中から偏在へ-渡辺聡氏

ダン・ギルモア氏の事業難航について
メディア、モバイル、SNSの今後-伊藤穰一氏

Close