SNSブームは終息するのか-エイベック研究所武田隆氏

News

 コミュニティマーケティングのエイベック研究所の武田隆さんに、コミュニティビジネスの今後についてお話をうかがった。

  • 第一次コミュニティブームが去ったのは、仕組みを作ったものの閑古鳥がなくか、反対に人が集まれば誹謗中傷などで荒れることがあったから。
  • もっと自立発展的に成長するコミュニティーで、しかも荒れない仕組みは何なのか
  • SNSは一元的。人間の多面性を表現できない。ブログもSNSも仲間同士の連絡網、交換日記という形で「硬直化」する。
  • それはそれでいいんだけれど、企業へのロイヤリティには転換しづらい。SNSでは若年層向けの広告以外に、商業利用は困難。
  • SNSは仲間同士の帰属意識を確認するものになっている。そういう使い方であれば、mixi1つあればいいのではないか。
  • 地域のSNSは困難。家族ともつながることが前提となる。コミュニティとしての自由度がなくなる。自由度がなくなると通常はアクセスの低下につながる。
  • コミュニティに大事なのは、まず安心感。そしてまだ見ぬ新しい出会いの期待がなければならない。安心と冒険の両立が必要。地域SNSに可能性があるとすれば、それぞれの地域に根付きながらも、他の地域のSNSとの行き来も可能というものでなければならない。
  • 仲間同士のコミュニティは、企業が最も入りづらい。
  • 1つのコミュニティ(サークル)の適正規模は20人ほど。20人を超えると「心が通ったコミュニティ」は破綻していく。20人を超えると帰属意識が薄れ情報交換の場になるか、幾つものコミュニティに分岐していく。20人のうち活発に発言するのは6人ほど。つまり心の通い合う人間関係の許容容量は6人が限度。「心の通い合うコミュニティ」とは、互いのニックネームを認識し、互いの背景を認識し、互いを思いやれる集合体のこと。そうしたコミュニティは荒れない。オーナーは、新しい参加者に自己紹介をうながしたり、メンバーをもてなすことができる人で、メンバー同士にもめごとが発生した場合には仲裁役を演じる。
  • 企業はコミュニティサービスを提供することで、ブランディングを希望している。そのためにはユーザーが帰属意識を持てるような「居場所」のコミュニティを提供する必要がある。

    「武田隆氏インタビュー 第1回音声ファイル」

    「湯川鶴章のIT潮流」の登録は、以下のバナーをiTunesなどにドラッグ&ドロップして下さい。

maskin
Follow me

maskin

Editor In Chief at TechWave.jp
1990年代初頭からソフトからハードまで50以上のスタートアップ立ち上げを国内外で経験。平行して雑誌ライターとして疾走。シリコンバレーでガレージベンチャーに参画後は、国内でネットエイジを筆頭にスタートアップに多数関与。ブログやSNSの国内啓蒙、ソニーの社内イノベーション事業など関与。通信キャリアのニュースポータルの立ち上げ期の編集デスクとして数億PV事業に育てた後、TechWaveにジョイン。世界最大のグローバルIT系メディアであるスペインの「Softonic」の元日本編集長
https://www.wantedly.com/users/24387
https://keybase.io/maskin
maskin
Follow me

最新情報をお届け

こっちはいろいろ

News

Posted by maskin


PAGE TOP
Read previous post:
雑種路線で行こう-国際大学楠正憲氏

グーグル、のビジネスを既存のビジネスを破壊する-佐々木俊尚

PR2.0の時代-ニューズ・ツー・ユー神原弥奈子氏

Close