HDDレコーダーとプレースメント-テレビプラス岩垣氏

non-Category

今回はテレビプラスの岩垣さんと、HDDレコーダーの普及に伴うCM飛ばしの問題について意見交換した。今後CM飛ばしが一般的になりテレビ局は近い未来にビジネスモデルを変えざるを得なくなる、と僕は考えている。ここのところは岩垣さんと意見が異なるところ。岩垣さんの見解は以下の通り。

  • どういう基準で紹介するのかという問題はあるが、商品を広告として紹介するのではなく、情報として紹介してお金をもらうやり方を展開していきたい。
  • HDDレコーダー普及に伴うCM飛ばしの問題に対抗する意味でも、こうしたプロダクト・プレースメントと呼ばれる手法は増えてくるだろう。
  • HDDレコーダーによるCM飛ばしはそれほど問題ではないような気が。今放送しているものを見て回って、何もなければ録画したものを見る人がやはり多い。
  • テレビは惰性のメディア。

岩垣伸哉氏インタビュー 第3回音声ファイル」

「湯川鶴章のIT潮流」の登録は、以下のバナーをiTunesなどにドラッグ&ドロップして下さい。

maskin
Follow me

maskin

Editor In Chief at TechWave.jp
1990年代初頭からソフトからハードまで50以上のスタートアップ立ち上げを国内外で経験。平行して雑誌ライターとして疾走。シリコンバレーでガレージベンチャーに参画後は、国内でネットエイジを筆頭にスタートアップに多数関与。ブログやSNSの国内啓蒙、ソニーの社内イノベーション事業など関与。通信キャリアのニュースポータルの立ち上げ期の編集デスクとして数億PV事業に育てた後、TechWaveにジョイン。世界最大のグローバルIT系メディアであるスペインの「Softonic」の元日本編集長
https://www.wantedly.com/users/24387
https://keybase.io/maskin
maskin
Follow me

最新情報をお届け

こっちはいろいろ

non-Category

Posted by maskin


PAGE TOP
More in non-Category
ワンセグのビジネスモデルは広告ではない-テレビプラス岩垣氏

テレビ局からみた通信と放送の融合-テレビプラス岩垣伸哉氏

イントラネット2.0-フィードパス小川浩氏

Close