RSS広告のフロンティア-田中弦氏

News

Pa0_0000
今回は日本で最初にRSS広告を手がけたRSS広告社の田中弦さんにお話を聞いた。

  • 親会社はネットエイジ
  • 850万のブログが登場し、すべてがRSSを配信している中で、広告は手付かず。米国に遅れることなく、このタイミングでRSS広告に乗り出したかった。
  • ブログのエントリの中身を日本語解析し、エントリの内容に沿った広告を出す。
  • 技術オリエンテッドの会社。物作りの会社。社内に競争力のある技術者を持つ。
  • 市場規模はまだ小さい。広告主は150社。RSSリーダー利用者は15%程度。インターネット・エクスプローラのバージョン7にRSSリーダーが搭載されるので、それに期待している。
  • 100文字あれば、エントリの内容を推測できる。100文字あれば、エントリに合った広告を載せることができる。
  • ブログの横に出る広告のクリック率は0.01%程度。RSS広告は0.05%と、クリックされることが多い。

    田中弦氏インタビュー 第1回音声ファイル」

    「湯川鶴章のIT潮流」の登録は、以下のバナーをiTunesなどにドラッグ&ドロップして下さい。

最新情報をお届け

こっちはいろいろ

News

Posted by tsuruaki


PAGE TOP
Read previous post:
シリコンバレー今、昔-ネットイヤー石黒不二代氏

広告の究極の形-「テレビCM崩壊」感想③
日本版digg、newsingスタート

Close