テレビCMは本当に崩壊するのか-3賢人パネル①

non-Category

10月11日に行われた時事通信 広告テクノロジーセミナーのパネル討論会から。テーマは「テレビCMは本当に崩壊するのか」。

織田氏
すべての媒体は、フロントエンドがモニター、バックエンドがインターネットになっていく
そうなればターゲティングの技術が使えるようになる
広告から「狭告」に
メディア会社はコンテンツ屋になる
YouTubeのトップビデオは3000万回くらい見られる。へたなテレビ番組より視聴率が高い
これからはコンテンツの質での競争に
「広告費全体におけるテレビCMの割合が、来年ピークを迎える」
若年層のメディア消費は、オンデマンド型で推移する

須田氏
テレビ局の製作能力はやはり高い。YouTubeを見ても証明されている
強みをバネに逆転も可能

高広氏
テレビ広告市場がどうなるかという議論はあまり意味がない
Gyaoの広告はテレビ広告なのかどうか
広告費が縮小したとしても製作コストを下げ収益性の高い事業は可能
変化し続けなければならないのはどの企業でも同じ。メディア企業に限ったことではない

パネル討論会①音声ファイル」

 

「湯川鶴章のIT潮流」の登録は、以下のバナーをiTunesなどにドラッグ&ドロップして下さい。

maskin
Follow me

maskin

Editor In Chief at TechWave.jp
1990年代初頭からソフトからハードまで50以上のスタートアップ立ち上げを国内外で経験。平行して雑誌ライターとして疾走。シリコンバレーでガレージベンチャーに参画後は、国内でネットエイジを筆頭にスタートアップに多数関与。ブログやSNSの国内啓蒙、ソニーの社内イノベーション事業など関与。通信キャリアのニュースポータルの立ち上げ期の編集デスクとして数億PV事業に育てた後、TechWaveにジョイン。世界最大のグローバルIT系メディアであるスペインの「Softonic」の元日本編集長
https://www.wantedly.com/users/24387
https://keybase.io/maskin
maskin
Follow me

最新情報をお届け

こっちはいろいろ

non-Category

Posted by maskin


PAGE TOP
More in non-Category
織田浩一氏講演②

織田浩一氏講演①

ネタフルのコグレさん

Close