SEOの次はLPO-トランスコスモス武智氏

News

注目技術LPOについてトランスコスモスの武智清訓さんの講演。時事通信広告テクノロジーセミナーから。
自社HPができるだけ検索結果の上位に表示されるように工夫するのがSEO(サーチエンジン最適化)だが、検索エンジンから着地(ランディング)ページに来たユーザーを物販、決済などの目的のページにまで導くための工夫がLPO、ランディングページの最適化だ。
トランスコスモスは、LPOで実績を持つ米国オプティモスト社と提携し、国内でもサービスを始めている。

  • LPOは、コンバージョン率を高めるための手法の1つ。
  • SEO、広告は、外からランディングページ(広告の受けページ)への導線。そこからコンバージョンまでの導線がLPO。
  • SEOにお金をかけるだけでなく、サイト上でも改善を行うことで目的を達成すべき。
  • キーワード広告を打っているのなら、キーワード広告にマッチしたランディングページを作る。
  • ランディングページに必要なコンポーネントを増やす。サイトからの離脱を防ぐ。
  • ウェブサイトの導線を考えて、完了ページまできちんとたどり着くようにする。
  • ランディングページという1枚のページを効果的に見せコンバージョンに結びつけるか。米オプティモスト社が4年前からこれだけを実践している。
  • 同社と提携し、6月から日本でサービス開始。
  • 1枚のクリエイティブをベストのクリエイティブにするために、複数のパターンを用意し、その中からベストなものを導き出していく。ASP+分析+コンサルティングサービス。
  • オプティモストの場合は、一度にたくさんの候補のページに同等レベルのアクセスを与え、短期間にテストできる。
  • 例えばダイエットのページにAからHまでコンポーネントに分け、コンポーネントごとに幾つかのパターンを用意。Aの部分に「10ポンド減らそう」「20ポンド減らそう」「痩せて夏に向けて準備しよう」といったようなバリエーションのコピーを表示させる。こうしたいくつものパターンをコンポーネントごとに出していく。その組み合わせで大量のページパターンを用意する。統計的に分析、解析し、ベストなクリエイティブを作る。
  • ランディングページだけではなく、トップページ、商品の紹介ページ、入力のフォームなど、コンバージョンのカギになるようなページの最適化に使える。
  • 最適化後のコンバージョン率の向上の度合いが高い。平均で30%の向上。
  • ページの素材を用意するだけで、大量のページパターンを生成できる。
  • 素材ごとにコンバージョンに与える影響を判別できる。
  • ページクリエーターはテスト結果を見て、よりよいページデザインが可能になる。

トランスコスモス武智氏講演ファイル」

 

「湯川鶴章のIT潮流」の登録は、以下のバナーをiTunesなどにドラッグ&ドロップして下さい。

maskin
Follow me

maskin

Editor In Chief at TechWave.jp
1990年代初頭からソフトからハードまで50以上のスタートアップ立ち上げを国内外で経験。平行して雑誌ライターとして疾走。シリコンバレーでガレージベンチャーに参画後は、国内でネットエイジを筆頭にスタートアップに多数関与。ブログやSNSの国内啓蒙、ソニーの社内イノベーション事業など関与。通信キャリアのニュースポータルの立ち上げ期の編集デスクとして数億PV事業に育てた後、TechWaveにジョイン。世界最大のグローバルIT系メディアであるスペインの「Softonic」の元日本編集長
https://www.wantedly.com/users/24387
https://keybase.io/maskin
maskin
Follow me

最新情報をお届け

こっちはいろいろ

News

Posted by maskin


PAGE TOP
Read previous post:
ゲーム内広告が熱くなる!-アドプレイン川村氏

パースエージョン・アーキテクチャー
バナーも連動で-RSS広告田中氏講演

Close