モバツイッター-paperboy藤川真一氏

News

Photo_19
モバツイッター
を開発したpaperboy&coの藤川真一さんにお話を聞いた。ミニブログtwitterが有力ブロガーを中心に流行っている。日本のネット企業の中にも、同様のサービスを開発したところがあるが、モバツイッターの面白いところは、twitterに対抗するのではなく本家twitterを利用しながらもユーザーにより近いポジションを取ろうとしているところだ。うまくいけば軒下を借りて母屋を取ることも可能。マッシュアップが自由にできる環境だから可能なことで、ソーシャルメディア時代の1つの戦略になるのではないか、と思う。
paperboyが今後、モバツイッターをどのように活用してくるのか興味のあるところ。まあそのためには、twitter、モバツイッターの利用者が増えなければならないだろうけど・・・。twitterは一時の流行で終わるのか、新しいコミュニケーションのインフラになるのだろうか。

藤川さんには7月10日の時事通信テクノロジーセミナーにも参加してもらうことにした。セミナーでは、モバツイッターのセミッター機能を使って、セミナー会場での情報の双方向の流れを作る実験も行うことになった。楽しみ、楽しみ・・・。

  • twitter 1回の書き込みに140文字。自分の「twitter(つぶやき)」が共有されるコミュニティ。「今、何をしているのか」を共有できるサイト。
  • その携帯版が、モバツイッター。
  • 今を共有できることが面白い。mixiは1日1回の日記。twitterは一日に何回発言してもいい。
  • サイト自体は1年前。日本では百式から。最初にさわったのは4月中旬。
  • もともとチャットしたいという思いがあった。でもチャットはめんどくさいし、気をつかう。twitterはチャット的だけど、返事を期待されてないので楽。
  • paperboyとしては、やっていない。作ってから2週間後くらいでペパ研に承認された。ペパ研に承認されることで会社のサーバーとドメインを利用できるが、あくまでも個人のサービス。
  • 今はユーザーが4000人ほど。
  • キャズムを超えることはないだろうと多くの人が考えている。でもtwitterがメッセージルーティングシステムとして、メッセージングも、メールも、ウェブもつながるということを突き詰めていけば、すべてのインフラになる可能性がある。その上にどのようなサービスを乗せればいいのかが重要
  • ユーザー数がここら辺で落ち着けば、だめ。ユーザーがいまの10倍になれば、やれることも違ってくる。
  • 最後の最後まで本家twitterしか使わないというユーザーとどう共存していくか、を常に考えなければならない。
  • セミナー会場でのコメントのやり取りのためのセミッターなど新しい仕組みや機能を実装していく

「藤川真一氏音声ファイル」

 

「湯川鶴章のIT潮流」の登録は、以下のバナーをiTunesなどにドラッグ&ドロップして下さい。

maskin
Follow me

maskin

Editor In Chief at TechWave.jp
1990年代初頭からソフトからハードまで50以上のスタートアップ立ち上げを国内外で経験。平行して雑誌ライターとして疾走。シリコンバレーでガレージベンチャーに参画後は、国内でネットエイジを筆頭にスタートアップに多数関与。ブログやSNSの国内啓蒙、ソニーの社内イノベーション事業など関与。通信キャリアのニュースポータルの立ち上げ期の編集デスクとして数億PV事業に育てた後、TechWaveにジョイン。世界最大のグローバルIT系メディアであるスペインの「Softonic」の元日本編集長
https://www.wantedly.com/users/24387
https://keybase.io/maskin
maskin
Follow me

最新情報をお届け

こっちはいろいろ

News

Posted by maskin


PAGE TOP
Read previous post:
ビデオ!IT潮流-アバウトミー

ソーシャルショッピング
広告専門検索&SNS「Balihoo」
Close