モバイルSuicaで快適N700系の出張

non-Category

モバイルSuicaで快適N700系の出張
モバイルSuicaで初めて名古屋行きの新幹線を予約し、N700系の「のぞみ」に乗った。いや、ほんとに快適!
初めてなんで、切符を持たずに駅に向かうのはちょっと不安だったけど、改札にケータイをかざすと座席票の紙が出てくる仕組みなんだ。これは便利。
JR東日本のモバイルSuicaの設定や、ビューカードの申し込み、JR東海のEX−ICの申し込み、設定など、いろいろ煩雑でいやになるんだけれど、一度やってしまえばあとは快適。ビューカードはビッグカメラとの共通のカードだとビッグポイントとSuicaポイントが交換できたりと何かと便利なんで、この際新規に申し込んだ。じゃないとモバイルSuicaってビューカード以外のクレジットカードなら年会費を2年目以降1000円もとられる。ひどい。
EX-ICも年会費を1000円くらい取られるんだけど、これは東京ー大阪間を特別料金で一度往復するぐらいで、もとは取れる。
いいのはケータイで予約する際にN700系ののぞみを教えてくれること。当然、行きも帰りもN700系。電源も無線LANもある。これは動くオフィスだ。電源は窓の下にしかないので、電源を使いたい場合は、窓側の座席を指定しておくべきだろう。今は無線LANのプロバイダー契約を事前にやっておかなければ使えないんだけど、できれば無線LANぐらいJRのほうで無料で提供してほしい。そんなにお金のかかるサービスじゃないんだから。どうしても有料にしたいのなら、モバイル予約する際に、乗車中限定の無線LANサービスにボタン1つで申し込めるようにしてくれているのなら、料金を払ってもいいと思う。
あとN700系は、完全禁煙なのもうれしい。禁煙車両でも喫煙車両のとなりなら、ドアが開くたびに煙が入ってきてつらい思いをしたことが何度もある。なのでこれまでは両隣が禁煙車両の禁煙車両を選んでいたくらい。
これから大阪、名古屋への出張は、飛行機よりも新幹線を選ぶことになりそうだ。

maskin
Follow me

maskin

Editor In Chief at TechWave.jp
1990年代初頭からソフトからハードまで50以上のスタートアップ立ち上げを国内外で経験。平行して雑誌ライターとして疾走。シリコンバレーでガレージベンチャーに参画後は、国内でネットエイジを筆頭にスタートアップに多数関与。ブログやSNSの国内啓蒙、ソニーの社内イノベーション事業など関与。通信キャリアのニュースポータルの立ち上げ期の編集デスクとして数億PV事業に育てた後、TechWaveにジョイン。世界最大のグローバルIT系メディアであるスペインの「Softonic」の元日本編集長
https://www.wantedly.com/users/24387
https://keybase.io/maskin
maskin
Follow me

TechWaveのFacebookページに
いいね ! をお願いします

Twitter で

non-Category

Posted by maskin


PAGE TOP
ツールバーへスキップ
More in non-Category
帰国しました
6月にシリコンバレーで講演します
iPhone用Yahoo!地図がクウジット採用ーやはりサービスはローカル企業が強い
Close