Appleの新型タブレットのうわさ続々

News

年末商戦までにAppleがタブレット型のインターネット端末を発売するうわさを裏付けるような話が次々と出てきている。最新のは英ファイナンシャル・タイムズの記事
iPod Touchのような機械なんだけど、画面が最大で10インチぐらいになるという。電話なし、無線LANあり。App Store利用可。ということらしい。大きめのiPod Touchじゃん。
大事なのは、このタブレットでiPod Touchとは異なるエクスペリエンスを提唱しようということ。
記事によると、このタブレット発売に併せて、音楽を1曲づつではなくアルバムとして販売するスキームも提供すべく音楽レーベルと交渉しているのだという。
タブレット型機器といえば、マイクロソフトがタブレットPCを長年手掛けているけど、今ひとつパッとしないんですけど・・・。Appleマジックで今度こそ成功させることができるのだろうか。
まあどのような用途を提案するかにかかっているのかもしれないとは思う。マイクロソトのタブレットPCは医療現場なんかでいいですよって感じで、仕事向けの機器という用途のイメージで売り出した。そしてパッとしなかった。
アマゾンのキンドルも、タッチスクリーンじゃないけど、まあタブレット機器。キンドルは米ユーザーの間で評判がいい。本を読むという用途のためにオンラインサービスまでを含めた一貫したエクスペリエンスをパッケージとして提供できたからなんだろうなあ。やっぱりハード、ソフト、オンラインサービスと別々に考えるのではなく、すべてをパッケージとして一貫したエクスペリエンス、ライフスタイルを提唱することが大事なんだろう。
で、Appleのタブレットは、主にエンタテーメントの用途でオンラインサービスまでパッケージするもよう。アルバムとして楽曲を楽しむエクスペリエンスをよみがえらせる、いや、それを超えるものを提供しようとしているらしい。アーティストの写真や歌詞をうまくパッケージして、音楽を聞きながら写真や歌詞を楽しめるものにしようということなんだろう。
記事の中では、エンタテーメント業界の関係者の話として「映画を見てもすごいんだぜ」的なコメントが引用されている。出版業界関係者も電子ブックリーダーとして期待をかけているという。アマゾンがキンドルで書籍の領域で一人勝ちする前に、「待った!」をかけようということなんだろう。

maskin
Follow me

maskin

Editor In Chief at TechWave.jp
1990年代初頭からソフトからハードまで50以上のスタートアップ立ち上げを国内外で経験。平行して雑誌ライターとして疾走。シリコンバレーでガレージベンチャーに参画後は、国内でネットエイジを筆頭にスタートアップに多数関与。ブログやSNSの国内啓蒙、ソニーの社内イノベーション事業など関与。通信キャリアのニュースポータルの立ち上げ期の編集デスクとして数億PV事業に育てた後、TechWaveにジョイン。世界最大のグローバルIT系メディアであるスペインの「Softonic」の元日本編集長
https://www.wantedly.com/users/24387
https://keybase.io/maskin
maskin
Follow me

最新情報をお届け

こっちはいろいろ

News

Posted by maskin


PAGE TOP
Read previous post:
数年でモバイルもアプリよりブラウザベースに
ソフトバンク連合のアップル追撃が始まった
アップルがネットブック?

Close