Huluで内輪揉め=メディアの寄り合い所帯がうまくいかない理由

News

 YouTubeに対抗するため米の有力テレビ局が集まって設立したオンデマンドビデオサイトHuleで内輪揉めが始まったと米MediaWeekが報じている。

But according to sources, network sales execs, who’ve never been crazy about the idea of another party controlling their content, are increasingly wary of the relationship. They say that Hulu’s sales staff―rather than treating the relationship as a partnership―at times deliberately sells against its network brethren, promising lower CPMs that can end up diluting the value of the entire category.

 もともとHuleの設立には消極的だったテレビ局の営業責任者が怒っているらしい。テレビ局が提案している広告料金よりも安い料金設定をHuluの営業担当者が広告主や広告会社に対して提案しているようだ。

 まあ十分ありえる話だなあ。

 こうしたメディア企業の連合体というのは、日本にもあったりするんだけど、なかなかうまく行かないもの。
 まず設立の動機というのが、新しい技術使ってユーザーに新しい価値を提供するという前向きなものではない。もともとはライバル同士だった社の前に共通の敵が現れたので急きょ共同戦線を組んだというのが、本当のところ。つまり共通の敵はいなくなったり、相対的に力が弱まると、共同戦線を組む意義も薄れる。成り立ち経緯からして、こういう結果なることは避けられない。
 唯一結束を維持する可能性のあるシナリオとしては、中の人たちが出身母体よりも新しい寄り合い所帯に重心を置くようになった場合だ。
 しかし事業規模では今だに比較にならないくらいに従来型メディア事業のほうが大きい。この先オンライン事業が急成長することはありえないだろうし、従来型メディア事業がゆっくりと縮小していく中で、寄り合い所帯の売り上げが母体の売り上げを合わせたものより大きくなるのはかなり先の話。そのころには、競合社との戦いは決着がついていることになるだろう。
 顧客に新しい価値を提供するという前向きの事業でないかぎり、付け焼刃の寄り合い所帯というのは成功するのがなかなか大変だと思う。船頭ばかりの船になっちゃうからね。

maskin
Follow me

maskin

Editor In Chief at TechWave.jp
1990年代初頭からソフトからハードまで50以上のスタートアップ立ち上げを国内外で経験。平行して雑誌ライターとして疾走。シリコンバレーでガレージベンチャーに参画後は、国内でネットエイジを筆頭にスタートアップに多数関与。ブログやSNSの国内啓蒙、ソニーの社内イノベーション事業など関与。通信キャリアのニュースポータルの立ち上げ期の編集デスクとして数億PV事業に育てた後、TechWaveにジョイン。世界最大のグローバルIT系メディアであるスペインの「Softonic」の元日本編集長
https://www.wantedly.com/users/24387
https://keybase.io/maskin
maskin
Follow me

最新情報をお届け

こっちはいろいろ

News

Posted by maskin


PAGE TOP
Read previous post:
androidの次の進化系は韓国メーカーから出るといううわさ
有料化できるコンテンツ、できないコンテンツ
twitterのアクセス減ってるって言っても8割のユーザーはクライアント使ってるんだぜ

Close