iPhoneでちょっとでもエッチなアプリは禁止に?

non-Category

追記:スカートめくりアプリとして話題になったPUFF!PremiumもAppStoreから削除されていることが確認されました。

 米TechCrunchは、AppleがiPhoneのアプリ市場であるAppStoreの認可基準を変更し、少しでも性的な内容のコンテンツを排除する決定を下した可能性があると報じた。Appleから正式な発表があったわけではないが、Wobble iBoobsというビキニ姿のモデルの写真の胸の部分を揺らすことのできるエフェクト機能のついたアプリの開発者に対し、同アプリをAppStoreから削除したという通知があったという。

 AppStoreはもともと極端に性的なアプリを認可してこなかったが、今回さらにその審査基準を厳格にしたもようだ。


 TechCrunchによると、このアプリの開発者はAppleから次のような手紙を受け取ったという。

 AppStoreは変化し続けるべきものであり、われわれは認可基準に常に改良を加えています。御社のアプリケーションWobble iBoobsは、当初われわれがAppStoreで配布するのに妥当とみなしたコンテンツでした。しかしここにきて多くの消費者からこの種のコンテンツに対する苦情が寄せられるようになり、これを受けて認可基準を変更しました。われわれは、御社のアプリケーションを含む、過度に性的なコンテンツをAppStoreから削除することに決めました。

 Appleはこのほかにも性的コンテンツを含むアプリを削除したもようで、TechCrunchが幾つかの性的アプリをダウンロードしようとしたところエラーメッセージが表示されたという。

 一方でPC Worldによると、同様レベルの性的コンテンツを含む複数アプリがまだAppStoreに残っているもよう。どこまでが過度の性的コンテンツかという基準を客観的に定めることは困難で、性的にグレーなアプリを1つ1つ審査し直していっている過程なのかもしれない。

【追記】AppStoreでスカートめくりアプリのPUFF!にアクセスすると、次のような表示が現れました。

現在PUFF! PremiumはAppleの判断によりAppStoreから削除されております。削除理由などを問い合わせ中です。

通常版のPUFF!は購入可能、PUFF!Premiumは削除ということなんでしょうか。よく分かりません。

TechWaveのFacebookページに
いいね ! をお願いします

Twitter で

PAGE TOP
More in non-Category
ジョブズ氏がFlashをこき下ろしたという情報再び
ベネトンが雑誌広告にAR(拡張現実)を採用

世界携帯キャリアがアプリ配信プラットフォーム団体を設立

Close