ネイバーもTwitter風サービス「pick」

News

 インターネット検索サービス「NAVER」を運営するネイバージャパンはは、Twitter風のマイクロブログサービス「pick」をスタートした。他のユーザーの投稿を再投稿することを起点にしたサービスで、どちらかといえばTwitterよりtumblerとよばれる引用投稿サービスにイメージが近い。

 約6000人の著名人のブログやTwitterなどのフィードを表示する「有名人のひとこと」というコーナーをサービス内に設け、そこから面白そうな投稿を自分のアカウントを使って自分のフォロワーに再投稿することできる。Twitterの成功を受けて同様のサービスが乱立している状態の中、果たしてPickは生き残ることができるのだろうか。


 ターゲット層として、30代ユーザーが中心のTwitterよりも若い世代を狙うというので、対抗サービスは「Amebaなう」になりそう。確かに若い世代は上の世代よりも情報発信に積極的だし、「Amebaなう」は若い世代を押さえたといえるほど普及はまだしていない。今ならまだpickにもチャンスはある。

 とはいっても「Amebaなう」は芸能人ブログを中心に若者の間で圧倒的な人気を誇る「Amebaブログ」と連携したサービス。pickは他のサービスとの連携を可能にするなどオープン戦略で「Amebaなう」との差別化を図るようだが、果たして・・・。

【修正】
冒頭「韓国検索大手NAVER.comは」とあったのを、「インターネット検索サービス「NAVER」を運営するネイバージャパンは」に修正しました。併せてタイトルも修正しました。

最新情報をお届け

こっちはいろいろ

PAGE TOP
More in Amebaなう, pick, twitter, ネイバー
Twitterハッシュタグ専用iPhoneアプリ「Fastweet Live」【東京Camp】

デジタルデバイド、心配なのは大企業の情報格差
マイクロソーシャルコミュニケーションサービス「Talknote」【東京Camp】

Close