対カメルーン戦でツイート記録達成【湯川】

News

 Twitter公式ブログがサッカーワールドカップ関連のこれまでの統計データを公開した。それによると1秒当たりの投稿回数が最も多かったのが6月14日に日本が対カメルーン戦でゴールを決めた瞬間で、1秒に2940の投稿を記録した。もちろんこれはTwitterの歴史の中でも過去最高記録だったが、17日の米プロバスケットボールのレイカーズ対セルティックス戦で1秒に3085投稿を記録、カメルーン戦の記録を早くも上回ってしまった。



 Twitter公式ブログによると、ワールドカップ関連ではこのほかにブラジルが北朝鮮にゴールを決めた瞬間が2928回、メキシコが南アフリカにゴールを決めた瞬間が2704回と、それぞれ投稿回数が多かった。

 平均的な投稿回数は1日に6500万回、1秒に750回というから、スポーツの試合とTwitterの相性がいいことが分かる。

 個人的には対カメルーン戦の際の@tokurikiのこのツイートに受けてしまった。

【関連記事】
FIFAワールドカップを盛り上げよう! Twitterに応援機能いろいろ 【増田(maskin)真樹】 : TechWave
Twitterが独自のURL短縮サービスを発表、 全URL変換 【増田(maskin)真樹】 : TechWave
「地震なう」=マピオン地図が震源地近くのTwitter投稿表示【湯川】 : TechWave
Twitter “位置情報バトル” に参戦、 4square等と連携で一気に市場形成へなるか 【増田(maskin)真樹】 : TechWave
本日発売! 翔泳社「ツイッター情報収集術」【増田(maskin)真樹】 : TechWave

最新情報をお届け

こっちはいろいろ

PAGE TOP
More in twitter, サッカー, ツイッター, ワールドカップ
本日発売! 翔泳社「ツイッター情報収集術」【増田(maskin)真樹】

Twitter “位置情報バトル” に参戦、 4square等と連携で一気に市場形成へなるか 【増田(maskin)真樹】

FIFAワールドカップを盛り上げよう! Twitterに応援機能いろいろ 【増田(maskin)真樹】

Close