クラウド構築も可能、サーバー不要のPtoPファイル同期サービス「aeroFS」登場 【増田(@maskin)真樹】

News

screenshot_06

米Air Computingは7月22日、サーバーを介さずファイルを共有できるサービス「aeroFS」の開発途中バージョンを発表、事前登録ユーザーに招待状の送付を開始した。

このサービスは、PtoP形式で端末同士が直接通信し、ハードディスク内の情報をすべて共有するもの。ハードディスクの容量が大きければその分、共有ストレージも大きくなるため、無制限に拡張できるのが特徴だ。


サービスの利用には専用ソフトのインストールが必要で、インストールすると「aeroFS」の仮想ディスクがマウントされる。ソフトはWindows、Mac OS X、Linux向けが用意されている。(以下はMac OS X版)

screenshot_07

この仮想ディスクに保存したファイルは、aeroFSサーバーとして公開、または招待したユーザーにだけ絞り共有することもできる。ユーザー間は暗号化通信でパイプ化された経路で直接接続される他、サーバーを経由しないためサービスダウン等のリスクはないという。なお、LAN内での使用はもちろん、ファイアーウォール越しの使用も問題ないという話だ。

aeroFSサーバーというのは「クラウド型のストレージ」で、複数のユーザーが特定のクラウドサーバーの一部として自分の共有ストレージを参加させることが可能だという。(自分のデータを分散保存させるーデータクラウドというわけではない)今回公開された開発途中版ではクラウド参加の場合も招待メールか招待コードが必要だが、リソース活用の新たな活路が見いだせるのか注目される。

■ AeroFS – File sync without servers
http://www.aerofs.com/

4798121886

ツイッター情報収集術

remote-buy-jp2._V45733929.jpg

[POWERD_BY @tweejp.tools]

著者プロフィール:増田(maskin)真樹twitter:maskin

www.metamix.com/

 1990年より執筆およびネットメディアクリエイターとして活動を開始。
 週刊アスキーを初め、日経BP、インプレス、毎日コミュニケーション、ソフトバンク、日経新聞など多数のIT関連雑誌で活躍。
 独立系R&D企業のマーケティング部責任者の後、シリコンバレーで証券情報サービスベンチャーの立ち上げに参画。帰国後、ネットエイジでコンテンツディレクターとして複数のスタートアップに関与。ニフティやソニーなどブログ&SNS国内展開に広く関与。
 現在、複数のメディア系ベンチャー企業にアドバイザー・開発ディレクターとして関与。大手携帯キャリア公式ニュースポータルサイト編集デスク。書き手として、また実業家として長年IT業界に関わる希有な存在。

 6月17日 翔泳社より「Twitter情報収集術」を発売。

詳しいプロフィールはこちら

お仕事下さい m(_ _)m

maskin
Follow me

maskin

Editor In Chief at TechWave.jp
1990年代初頭からソフトからハードまで50以上のスタートアップ立ち上げを国内外で経験。平行して雑誌ライターとして疾走。シリコンバレーでガレージベンチャーに参画後は、国内でネットエイジを筆頭にスタートアップに多数関与。ブログやSNSの国内啓蒙、ソニーの社内イノベーション事業など関与。通信キャリアのニュースポータルの立ち上げ期の編集デスクとして数億PV事業に育てた後、TechWaveにジョイン。世界最大のグローバルIT系メディアであるスペインの「Softonic」の元日本編集長
https://www.wantedly.com/users/24387
https://keybase.io/maskin
maskin
Follow me

最新情報をお届け

こっちはいろいろ

NewsaeroFS, P2P, PtoP, クラウド, ファイル共有, 同期

Posted by maskin


PAGE TOP
More in aeroFS, P2P, PtoP, クラウド, ファイル共有
GoogleがiTunes対抗音楽サービスを年内に開始か【ループス斉藤徹】

AQUSH Social Lending: Connecting Lenders and Borrowers

貸し手と借り手を結ぶソーシャルレンディングAQUSH【湯川】

Close