グーグルがカメラ搭載無人飛行機を購入?会社は否定【GetRobo影木准子】

News

 最強の助っ人現る!

 ロボット専門のブログメディアGetRoboの影木准子(かげき・のりこ)さんから寄稿していただきました。影木さんは10年以上も前に一緒にシリコンバレーで取材をした仲間です。一度帰国されたのですが、今はまたご主人と一緒にシリコンバレーに住み、GetRoboを通じ日英両語で情報発信を続けておられます。まさに「Change!」「Glocal」というTechWaveの基本コンセプトを実践されているブロガーなので、今後はスタッフブロガーとしてTeam TechWaveに参加してもらうことになりました。

 TechWaveでは今後も「世界とつながることで大きな変革を起こす」という理念に共感するブロガーを集め、最強ブロガー集団を目指します。

GetRobo
影木准子(かげき・のりこ)

 米グーグルがドイツのMicrodronesという会社から、カメラを搭載した遠隔操作型の小型UAV(無人飛行機)を購入したという話が話題になっている。ドイツを発端に米国に飛び火した。グーグルのストリートビューはプライバシー侵害の観点から、ドイツを含む欧州各国で反対が根強い。ましてや飛行機まで使って写真を撮られちゃたまらない、という論調だ。

 以下はMicrodrone社の無人飛行機の動画。水着の女性なんかが出てくるのはう~むだが、つまり何でも見えます、と言いたいのでしょう。商品のキャッチフレーズが「your eye in the sky(空中のあなたの目)」ですから。



 このニュースはドイツの経済誌WirtschaftsWocheが最初に報じた。Microdrones社の幹部が、UAV1台をグーグルに売ったことを明らかにし、将来的に大きな商売につながりそうだとコメントしたのだ。

 これに対して、グーグルは報道を否定している。Forbesに 対して、グーグル広報は「会社幹部が個人で購入した」と説明。一方、ネタ元のWirtschaftsWocheはForbesのコメント欄で、同誌がグー グルから得た書面回答の内容を公開している。ドイツ語の書面を英語にしたものを掲載しているが、ここでさらにそれを日本語にすると、

We constantly look for ways to improve our mapping services such as Google Maps or Google Earth. As part of these efforts we are researching many different technologies, but we are not testing or using them.
Accordingly we are not using drones for Google Maps, Google StreetView or Google Earth.
(我 々は常にグーグルマップやグーグルアースといったマッピング・サービスを改善する方法を探している。こうした取り組みの一環として、我々は様々な技術を調査しているが、我々はそれらをテストしたり使ってはいない。よって、我々はグーグルマップやグーグルストリートビュー、グーグルアースのために無人飛行機を使用していない。)

 そしてWirtschaftsWocheの責任者は同じくコメント欄で、「I have no idea how they differentiate between researching a technology and testing a technology. But that’s what Google says.(技術を調査することと、技術をテストすることの違いが何であるのか私には全く分からないが、グーグルの言い分はこうだ。)」と皮肉を込めて書き込んでいる。

 グーグル創業者らはロボット好きであり、個人で買ったのかもしれない。しかし重要なのは、グーグルが本当にこの会社のUAVを買ったかどうかということよりも、こういったUAVが実はもういくつも商品化されており、だれもが買って飛ばすことができるという点だ。今年初めにはiPhoneで操作できるものが話題になったし、雑誌WIREDの編集長としてもよく知られるChris Andersonは自作UAVを推奨する情報サイトDIY Dronesを運営する。

 今はまだ、カメラを搭載していない時代のラジコン飛行機の規制がそのままハイテクUAVにも適用されるようで、基本的に、高度や安全面で気をつけていれば、商業利用でないかぎり免許がなくても飛ばすことができる。 つまり、グーグルがやらなくても、だれかがすでにやっている可能性があるのだ。

 こうしたニュースをきっかけに、ハイテクUAVに関する規制が強まるのかどうか。


著者プロフィール:影木准子(かげき・のりこ)
GetRobo(http://www.getrobo.com)発行人

日本経済新聞社で13年間、記者として働く。うち1997-2001年の4年間は同社シリコンバレー支局勤務。現在はシリコンバレー在住のフリーランス・ジャーナリスト。コンシューマー向けロボットの開発・市場動向に最大の関心があり、この分野の米国を中心とした海外における最新情報を「GetRobo Blog」 http://www.getrobo.com/getrobo_blog/ などで発信している。

Robotics is the next big thing!

最新情報をお届け

こっちはいろいろ

PAGE TOP
More in getrobo, google, ストリートビュー, 影木准子
米Googleが仮想通貨のjambool買収=Facebook対抗策着々と【ループス斉藤徹】

いかないで!「Google Wave」、存続求める署名活動スタート 【増田(@maskin)真樹】

米GoogleがSlideを買収=ソーシャルゲームが激戦地域に【ループス斉藤徹】

Close