「次はAndroid」希望者急伸中 iPhoneからの乗り換えのポイントは【湯川】

News

[読了時間:6分、「蛇足」「アンケート」あり]
 米調査会社ChangeWaveは、基本ソフト(OS)ごとのスマートフォン購入希望者数の推移に関する調査結果を発表した。それによると、今後90日以内にGoogle製OS「Android」を搭載したスマートフォンの購入を希望する消費者が、過去1年間で順調に伸びており、9月に調査した時点では回答者の37%に達したという。

44)

 6月に調査した時点ではAppleのiOSを希望する人が50%、Androidが30%と大きな差が存在したが、9月の調査ではiOSが38%にまで減少しており、Androidとほぼ並ぶ結果となった。

15)


 調査を行ったChangeWaveでは、iPhone4が発売されたことでiPhoneのiOSに対する熱意が一時的に落ち着いただけではないかと分析している。

 確かにiPhoneに対する満足度が低下したわけではなく、アンケートに対し「非常に満足している」と答えた人は74%にも達している。

36)

蛇足:オレはこう思う
確かにわたし自身Androidに興味がある。でもそれは職業柄、Androidケータイのことも知っておかなければならないという職業上の倫理感からくるものであり、読者に対して公平な情報を迅速に提供したいという熱意、つまり仕事優先、仕事第一主義、仕事熱心さからくるものであります。

・・・・。

 ごめんなさい、わたくしウソをつきました。単にいろんなガジェットがほしいだけです。

 でも周りの人から「次はAndroidケータイがほしいんだけど、何がいいかな」と相談を受けることが確かに増えてきた。「iPhoneの何が嫌で、Androidの何が欲しくて、Androidケータイが欲しいの?」と聞き返すと、答えがない人が多い。そういう人はまだiPhoneでいいんじゃないかな。仕事上の理由で両方持っている人に聞くと、今のところ両スマートフォンにそれほど大きな違いはなく、どちらかと言えばアプリ数が豊富だったりするのでiPhoneのほうが便利、という意見だった。

 で、僕なんだけど「こうなればAndroidケータイかAndroidタブレットを購入する」というポイントがある。それはGoogleのあのインプットシステムの搭載。あのすごいインプットシステムがAndroidに全面搭載されればAndroid端末をぜひ購入したい。Googleのインプットシステムって、膨大な過去の検索データの蓄積をベースにして「もしかして」と聞いてくる、あのめちゃくちゃすごい「入力修正技術」を応用した、音声認識技術と、日本語入力システムのことだ。

 iPhoneのGoogle検索で音声検索したことある人は分かると思うけど、すごい精度がいい。iPhoneにもApple製の音声認識技術が搭載されているけど、ほぼ使い物にならない。Googleは「もしかして」の技術を応用するから、少々発音が悪くても、コテコテの大阪弁のイントネーションで発声しても、きっちりこっちの意図通り認識してくれる。これがGoogleマップで搭載されるのであれば、非常に興味がある。

 ひょっとしてAndroidケータイって、もう既にGoogleマップを音声検索できたりします?Googleって頻繁にイノベーションしているので、この程度の改良ならいちいち発表しない。他社なら記者会見でも開きそうな改良でも、しらーと追加していたりする。そういうとこGoogleってかっこいいと思う。

 前に僕がいた業界の人たちって、なにかと発表したがって、「えーそんなことで発表文だすんですか?それって自分たちがどれくらい遅れているか知って頂戴って言ってるみたいでカッコ悪いっすよ」といっても「いいんだ、うちみたいな会社が乗り出すというところにニュース価値があるんだ」とかいうわけの分からない説明していた。

 横道にそれたので軌道修正。

 さてもう1つのポイントは日本語入力システム。これはほんとにすごい。パソコンでまだ使っていない方はぜひ試してください。ここからダウンロードできます。ただし処理能力が遅いパソコンだとタイピングの速度に負けて全然意味がないことがあるけど。会社のパソコンでは、タイピングが終わったあとにサジェストしてきて、まったく使えなかった。独立と同時に買ったMacではGoolge日本語入力は、入力途中で次々と「もしかして」サジェストしてくれるので非常に便利です。えー、こんな言葉まで出てくるの、というようなサジェストもあります。コトワザとか表記方法とか、ちょっと自信のないことを入力するときも、先回りして提案してくれるので重宝しています。(参考・Google 日本語入力ができるまでの開発背景 (コミック)

 こういうびっくりするくらい便利なGoogle日本語入力システムに慣れていると、iPhoneやiPadの日本語入力システムってやはり物足りない。前回iPadに対する読者アンケートを取ったときもiPadの日本語入力に不満を持っている人が見受けられた。

 さて地図の音声認識と、Google日本語入力。この2つがAndroidに搭載されれば(もうされてます?)、僕はAndroid端末を買うね、絶対。特にタブレット端末がほしい。Flash搭載のウェブページも見れて、マルチタスクで、入力システムが賢くて、となれば、iPad、Macの代わりにAndroidタブレットを持ち歩くことになると思う。

【追記】早速コメント欄に情報いただきました。Android端末はGoogleマップで音声入力できるんですって。ほしい!2つのポイントのうち1つクリア。もう1つがクリアするのはいつでしょう。

アンケートにお答えいただくと、アンケート結果をリアルタイムでご覧いただけます。
お答えいただかなくとも、このページにアンケート結果の概要があります。また概要のページで「詳細な回答を表示」というところをクリックすれば、表計算の素データをご覧いただけます。

最新情報をお届け

こっちはいろいろ

PAGE TOP
More in android, ios, アンケート, シェア, モバイルOS, 乗り換え, 優れた点
グリー、iPhone対応を本格化へ 新規登録やゲーム展開も【増田(@maskin)真樹】

米AmazonがAndroidアプリストア開設、タブロイド端末も? TechCrunch【湯川】

モジララボ、PC/モバイルの垣根を吹き飛ばす画期的デバイス「Seabird」を発表 【増田@maskin真樹】

Close