米ヤフーがソフトバンクとの合弁解消検討か、SBは否定【増田(@maskin)真樹】

News


[読了時間:1分]


 ロイター通信などよれば、米Yahoo.comの日本事業である日本ヤフーから撤退するため、合弁相手であるソフトバンクなどと詰めの交渉に入ったという。Yahoo.comは、日本ヤフーの発行済み株式をソフトバンクに次ぐ約35%を保有している。

 ソフトバンクからは同日「そのような事実はなく、株式を買取るつもりはない」と即日否定声明が公開された。




 複数の報道を参照すると以下のような内容となる。

・米ヤフーはソフトバンクなどに対し評価総額75億ドル相当の全保有株式を譲渡する
・3月中にも交渉がまとまる可能性がある
・話は流動的である
・中国電子商取引最大手の阿里巴巴(アリババ)との資本・業務提携関係強化に、経営資源を振り向ける狙いがある
・日本のヤフーが先に、ネット検索・広告両事業で米グーグルと包括的提携に踏み切ったことも「合弁解消案を誘因」と外資系アナリストが発言している

 Yahoo.comはアリババの公開株40%を所有しており、成長を続ける中国市場にリソース集中をすることはおかしな話ではない。ただ、ソフトバンクもアリババの株式33%(2010年5月現在)を取得し、タオバオの日本版も日本ヤフーでスタートしたばかり。

■ 関連URL
・EXCLUSIVE: YAHOO IN TALKS TO EXIT JAPAN, SOURCES SAYl
http://au.news.yahoo.com/tech-news/a/-/technology/8937914/exclusive-yahoo-in-talks-to-exit-japan-sources-say/
・ソフトバンクとの合弁解消検討=中国に資源振り向けか-米ヤフー
http://www.jiji.com/jc/c?g=ind_30&k=2011030200359
・当社に関する一部報道について | ソフトバンク株式会社
http://www.softbank.co.jp/ja/news/press/2011/20110302_01/

蛇足:僕はこう思ったッス

「グーグルと提携したから」という話ではなく、アジア全体を見た大きな動きが日本を巻き込みながら起りつつあると理解したほうがよさそうだ。
著者プロフィール:TechWave副編集長 増田(maskin)真樹
 十代からメディアクリエイターとして活動。週刊アスキーなど多数のIT関連媒体で雑誌ライターとして90年代を疾走後、シリコンバレーで証券情報サービスの起業に参画。帰国後、ネットエイジで複数のスタートアップに関与。関心空間、富裕層SNSのnileport、@cosme、ニフティやソニーなどのブログ&SNS国内展開に広く関与。坂本龍一氏などが参加するプロジェクトのブログ立ち上げなどを主導する。 / 現在TechWaveの活動を中心に完全復帰中、多数のプロジェクトに関与する。大手携帯キャリア公式ニュースポータルサイト編集デスク。

詳しいプロフィールはこちら

maskin[at]metamix.com
twitter | facebook | skype

maskin
Follow me

maskin

Editor In Chief at TechWave.jp
1990年代初頭からソフトからハードまで50以上のスタートアップ立ち上げを国内外で経験。平行して雑誌ライターとして疾走。シリコンバレーでガレージベンチャーに参画後は、国内でネットエイジを筆頭にスタートアップに多数関与。ブログやSNSの国内啓蒙、ソニーの社内イノベーション事業など関与。通信キャリアのニュースポータルの立ち上げ期の編集デスクとして数億PV事業に育てた後、TechWaveにジョイン。世界最大のグローバルIT系メディアであるスペインの「Softonic」の元日本編集長
https://www.wantedly.com/users/24387
https://keybase.io/maskin
maskin
Follow me

最新情報をお届け

こっちはいろいろ

PAGE TOP
More in Yahoo.com, アリババ, ソフトバンク, タオパオ
新MacBook ProはiPhone4ティザリングが可能でした→誤記だって!【増田(@maskin)真樹】

日本初のソーシャルフォン ソフトバンクからmixi対応で【湯川】

ソフトバンクとsalesforce.comがSeesmicに400万ドル出資【湯川】

Close