iPadは一般ユーザーに普及 英のアンケート結果【湯川】

News

[読了時間:2分]
04) 英情報サイトのSevenは、英国のiPadユーザー1007人を対象に行ったアンケート調査の結果を発表した。Appleのデバイスはこれまでアーリーアダプターを中心に普及することが多かったが、アンケートに応じたユーザーの63%が「新しいガジェットは、まず評価が定まってから購入する」と答えており、英国ではiPadがアーリーアダプターというより一般ユーザーに普及していることが分かった。

 そのほか興味深いのは、電子雑誌と紙の雑誌の両方を読むユーザーの中で、「iPad上の電子雑誌のほうがいい」と答えた人が51%に達し、「紙の雑誌のほうがいい」と答えた人の23%を大きく上回った。日本では「紙の雑誌のほうがいい」という意見を耳にすることがあるが、実際に電子雑誌を読む英国人の間では、電子雑誌のほうが人気があることが分かった。

 また「自分の好きなブランドが出す無料アプリには非常に興味がある」と答えた人は84%にも達した。ブランディングツールとしてアプリが利用できる可能性を示している。


 そのほかの結果は次の通り。

  • デスクトップパソコンの使用頻度が減った(35%)
    ノートパソコンの使用頻度が減った(39%)
    主に娯楽目的で使う(53%)
    主に仕事目的で使う(18%)
    毎日使う(87%)
    一日に30分から一時間使う(32%)
    一日に2時間以上使う(24%)

 利用場所は、やはり寝室が多い。キッチンで使うというのは、どういうことだろう。レシピを見るということなのだろうか。また男性の中にはトイレで使う人が多くて笑える。「トイレで新聞」という習慣で「トイレでiPad」なのだろうか?

  • ベッドルームで使う(69%)
    キッチンで使う(42%)
    トイレで使う(男性・20%)

 利用目的は以下の通り。まあ妥当なところか。

  • ウェブ閲覧(75%)
    ゲーム(48%)
    ソーシャル・ネットワーク(41%)
    製品やサービスの検索(29%)
    電子書籍(25%)
    音楽(21%)
    買い物(19%)
    電子雑誌(13%)
    仕事(13%)
    テレビ(11%)
蛇足:オレはこう思う
文化による違いは多少あるかもしれないが、「iPadはこんなふうに使われるんだろうなあ」と思っていた通りの結果が出た。やはり一番重要なのは、アーリーアダプターよりマスユーザーに普及しているということ。米国のiPad2の購入者の7割が新規ユーザーという調査結果もあるので、iPad2が日本でも発売になれば、よりマスなiPadユーザーが増えることになる。iPad向け製品やサービス、マーケティングは、アーリーアダプター狙いではなく、よりマスな層を狙ってもいいんじゃないかと思う。

最新情報をお届け

こっちはいろいろ

PAGE TOP
More in iPad, アンケート, 利用調査
スマートフォンアプリ内解析サービスのモニターになりませんか? [ソーシャルアプリ部限定]【増田(@maskin)真樹】

ソフトバンク「iPad2」販売を表明、Wi-Fi + 3Gモデルを提供 【増田(@maskin)真樹】

iPad2の3Gデータ通信キャリアは「ソフトバンクが濃厚」 アップル関係者談 【増田(@maskin)真樹】

Close