ソーシャルパトロンプラットフォームのGrow!を導入しました【本田】

Startups, 業務案内

[読了時間1分]
growlogo このたび、TechWaveでもGrow!を導入しました。RTやShareの横にあるボタンがそれです。

 読者の方は既にGrow!をご存知かもしれませんが、ソーシャルパトロンプラットフォームと呼ばれるサービスの一つ。Grow!ボタンをクリックすることで、クリエーターに金銭的支援が出来る仕組みです。

 分かりやすく言うと、投げ銭機能が付いた「いいね!」ボタン。1クリック(=1Grow!)で100ポイント(=1USD)分の支援額となり、何回でもGrow!することが可能です。

grow!1
Grow!の文字をクリックして表示されるダイアログ

 試しに自分のアカウントから、3人のライターの記事をGrow!してみました。Grow!するには、Grow!とPaypal(決済用)2つのアカウントが必要になります。そのハードルさえ超えれば、後の操作は簡単。

 現在管理画面からは、どのURLがGrow!されたかは分かりませんが、近日中に、特定のコンテンツに対する全ユーザーの反響(Grow!やRT)が見えるページ(コンテンツページ)が出来るそうです。

 複数のライターが執筆するTechWaveのようなブログでは、どのURLに対しGrow!されたか分かるのは、集計の際とても便利です。個人ブログでも、Grow!された(評価の高い)エントリが分かると、やる気も起きるというもの。

 もちろんブログやテキストコンテンツでなくても、オンライン上のあらゆるページ・活動に対しGrow!することが可能になります。

22)
現時点ではクリックされたURLは分からない

 こうやってクリエーターに対し、直接金銭的支援ができる仕組みは、どんどん応援していきたいですね。サイト運営者にとっても、Adsense以外のオンラインからの収益源が出来る以上に、ファンがより見えやすくなる意味は大きいでしょう。

 今後は、その支援者をグルーピング化し、プライベートメッセージを送る機能などが追加されれば、さらに面白くなると思いました。もっとも、Facebook連携が実現した際には、まとめてGroupにしてしまうことも可能なはず。こうやってコミュニティ化への道筋も出来ると、Grow!した側とされた側がより双方向に結びつけられます。

 β版の解除(誰でも申請なしにボタンの設置が出来る状態)は、6月上旬を想定しているとのこと。それまでは申請制ですので、まずはGrow!する側で慣れてみるのはいかがでしょうか。

最新情報をお届け

こっちはいろいろ

PAGE TOP