英文記事の読解が数倍速くなる驚愕のアプリRuby Reader登場【本田】

Multilingual, News

[読了時間:1分]
pic01 ITやソーシャルメディア、マーケティングに関わる人で、必死に英語でニュースをチェックしている人は多いと思います。

 私もすっかり錆びついた英語力のため、分からない単語が出るたび辞書アプリで調べる毎日。なかなか多くの記事が読めません。Google翻訳も、まとまった文章では使えないですよね。

 先日リリースされた、英文ルビ振り・翻訳速読用iPhoneアプリ「Ruby Reader」は、まさにそんな私のためにできたようなアプリです。

 「Ruby Reader」は、内包されたwebブラウザやRSSリーダーにボタンひとつで自動でルビ振りをしてくれるアプリ。設定画面で自分の英語力(TOEICスコア?)を設定することで、表示されるルビの量が変化し、調度良いルビを表示してくれます。


 また、「edit text」モード内にペーストすることで、他のアプリからコピーした英文にもルビを振ることが出来ます。英語学習系アプリでは標準の、単語長押しで品詞の意味が表示される機能も実装されています。使用されている辞書は「ロングマン英和辞典」(約10万語)。

 このアプリを使って数日ですが、感覚としては、気合を入れないと英文を読もうとしなかったのが、軽い気持ちで読め、敷居が下がりました。もうすっかり手放せないアプリです。

 こんな素晴らしいアプリなので、要望もしっかりさせてもらいます。

  • UIのiPad対応(現状も動作は可能ですが)
  • デザイン:「紙」を想起させる薄茶色だけでなく、シンプルな白黒、一部の人にとって有用な白抜きなどが選択できるように)
  • マイ辞書機能:特定ジャンルの英文をよく読む人に、ルビを振らなくて良い単語を登録できる(例:IT系の記事で、Blackberryにクロイチゴとルビを振ってしまうので) コメント欄で指摘頂きました。Kouichi Tamura さんありがとうございます。
  • 何らかのブックマーク、instapaperに代表されるReadLater系サービスと連携し、そこでチェックしたリンク先がタップ一つでRuby Readerに表示されて欲しい。

 「Ruby Reader」は、英語学習よりも情報収集・読解を重視したアプリ。本質的には英語力を高めるに越したことはないですが、我々がまず知りたいのは英語ではなく情報ですから、そこをバイパスしながら、英語に触れる量を増やすことは、結果的に英語力の向上にも役立つでしょう。

【追記】iPad2が当たるキャンペーンもやっているそうです。

iconiconアプリ名称:Ruby Reader
マーケット:App Store
カテゴリ:辞書/辞典/その他
動作環境:iOS 4.3 以上のiPhone3GS、iPhone4 および第3世代以降のiPod touch
販売価格:1,200 円
ダウンロード:Ruby Readericon(iTunes)
紹介ページ:http://rubyreader.x0.com/

最新情報をお届け

こっちはいろいろ

Multilingual, NewsReader, Ruby

Posted by okappan


PAGE TOP
More in Reader
エコシステム目指すも課題山積【電子書籍サミット2011】

Close