バスキュールがミクシィとソーシャルメディアマーケッティング新会社を設立、「mixi Xmas 2010」等で実績 【増田(@maskin)真樹】

News


[読了時間:2分]


 2010年末「mixi Xmas 2010」というmixiアプリを共同で展開し驚異的な成功を納めたバスキュールとミクシィは5月25日、ソーシャルメディアマーケティングの新会社「バスキュール号」を設立すると発表した。

 「mixi Xmas 2010」は「スタート後58時間でアプリ登録者数が100万人を突破」「認知の75%がマイミク経由だった」など、日本国内のマーケティング事例として類を見ない成功を納めたもので、かつソーシャルグラフ活用面で試金石となったサービス。

 両社は、バスキュール号を軸に、ソーシャルグラフを活用したマーケティングを専門的に扱う事情を展開するという。





 バスキュールといえば、文部科学省のゲーム的コンテンツ「キッズワンダー」シリーズを手がけるなど、高いクリエイティブ能力で評価される企業。

space_wonder3

 バスキュール号は、クリエイティブのノウハウを活用し、ソーシャルグラフを通じて情報や感動を何倍にも増幅して伝えたい考えだという。

【関連URL】
・バスキュールとミクシィの合弁会社設立についてソーシャルマーケティングサービスプロバイダー 「株式会社バスキュール号」
http://mixi.co.jp/press/2011/0525/8348/
・Bascule Go, Inc.
http://www.bascule-go.com/

蛇足:僕はこう思ったッス

ミクシィはソーシャルグラフ活用を加速すべく着々と準備を進めていると考えられている。その最先鋒に立つソーシャルアプリの成功ノウハウを活用するための新会社。しかもバスキュールとのタッグとなると目が離せなくなりそう。ただ、ホンダの「ole ole CR-Z」のように、別段高いクリエイティブを狙ってなくてもソーシャルメディアマーケティングとして成功している所もある。まだまだ、黄金ルールがないこの業界なだけに楽しみだ。

著者プロフィール:TechWave副編集長・イマジニア 増田(maskin)真樹
 コードも書けるジャーナリスト。イベントオーガナイザー・DJ・作詞家。8才でプログラマ、12才で起業。18才でライター。日米のIT/ネットをあれこれ見つつ、生み伝えることを生業として今ここに。1990年代は週刊アスキーなど多数のIT関連媒体で雑誌ライターとして疾走後、アパート起業に参画。帰国後、ネットエイジで複数のスタートアップに関与。フリーで関心空間、富裕層SNSのnileport、@cosme、ニフティやソニーなどのブログ&SNS国内展開に広く関与。坂本龍一氏などが参加するプロジェクトのブログ立ち上げなどを主導。“IT業界なら地方で成功すべき”という信念で宇都宮市から子育てしながら全国・世界で活動中。 / ソーシャルアプリ部主宰。大手携帯キャリア公式ニュースポータルサイト編集デスク。

メール maskin(at)metamix.com | 書籍情報・詳しいプロフィールはこちら


maskin
Follow me

maskin

Editor In Chief at TechWave.jp
1990年代初頭からソフトからハードまで50以上のスタートアップ立ち上げを国内外で経験。平行して雑誌ライターとして疾走。シリコンバレーでガレージベンチャーに参画後は、国内でネットエイジを筆頭にスタートアップに多数関与。ブログやSNSの国内啓蒙、ソニーの社内イノベーション事業など関与。通信キャリアのニュースポータルの立ち上げ期の編集デスクとして数億PV事業に育てた後、TechWaveにジョイン。世界最大のグローバルIT系メディアであるスペインの「Softonic」の元日本編集長
https://www.wantedly.com/users/24387
https://keybase.io/maskin
maskin
Follow me

最新情報をお届け

こっちはいろいろ

PAGE TOP
More in キッズワンダー, ソーシャルメディアマーケティング, バスキュール, バスキュール号
SalesforceがBtoB型企業向けSNS=「つぶやき」はビジネスを変える

二人の小川さん著「ソーシャルメディアマーケティング」
Close