グリー、3Dアプリ開発ツール「Unity」と 独占契約 【増田(@maskin)真樹】

News


[読了時間:2分]

screenshot_01

 グリーは8月31日、3D系に強いゲーム開発ツール「Unity」を提供するUnity Technologies社と包括的業務提携を行ったと発表した。これによると1500ドルのAndroid、iOS向けプロフェッショナルライセンスを、無償で二次配布する国内独占権を獲得したとのこと。スマートフォン向け3Dゲームの多くはUnityを使っているため、この契約により「GREE」にソーシャルアプリケーションを提供する開発デベロッパーのUnityへの関心は高まりそうだ。



 Unityを使用したスマートフォンゲームは数知れず、「Skee-Ball」や「Zombieville USA」などトップセールスとしてランクインするものも多い。特に3D/2Dで動きをつけたアクション系ゲーム開発のしやすさには定評があり、コンソール(据置き)ゲーム機向け開発で使用されている。PC向けではfacebookアプリで使用されることが多い。

 グリーはこれまでも技術的支援関係を結ぶ努力を続けてきたが、独占的包括契約によりUnityアプリ創出で優位な立場を得ることができた。今後、競合ゲームプラットフォームがどう動くが注目だ。

【関連URL】
・グリー、ゲーム開発ツール「Unity」を提供するUnity Technologies社と包括的業務提携
http://www.gree.co.jp/news/press/2011/0830_02.html
・Unity 3
http://unity3d.com/japan/mobile

蛇足:僕はこう思ったッス
Unityの開発しやすさはハンパないし、この類の開発をしている開発者は当然のように使っていることだろう。ただ独占となるとどうなるか。もちろんFREEライセンスには影響ないし、プロも有料で購入する人もいるが、GREEへのアプリ提供が一気に進むのは間違いなさそうだ。

著者プロフィール:TechWave副編集長・イマジニア 増田(maskin)真樹
 コードも書けるジャーナリスト。イベントオーガナイザー・DJ・作詞家。8才でプログラマ、12才で起業。18才でライター。日米のIT/ネットをあれこれ見つつ、生み伝えることを生業として今ここに。1990年代は週刊アスキーなど多数のIT関連媒体で雑誌ライターとして疾走後、シリコンバレーでベンチャー起業に参画。帰国後、ネットエイジで複数のスタートアップに関与。フリーで関心空間、富裕層SNSのnileport、@cosme、ニフティやソニーなどのブログ&SNS国内展開に広く関与。坂本龍一氏などが参加するプロジェクトのブログ立ち上げなどを主導。“IT業界なら地方で成功すべき”という信念で宇都宮市から子育てしながら全国・世界で活動中。 / ソーシャルアプリ部主宰。大手携帯キャリア公式ニュースポータルサイト編集デスク。

メール maskin(at)metamix.com | 書籍情報・詳しいプロフィールはこちら


maskin
Follow me

maskin

Editor In Chief at TechWave.jp
1990年代初頭からソフトからハードまで50以上のスタートアップ立ち上げを国内外で経験。平行して雑誌ライターとして疾走。シリコンバレーでガレージベンチャーに参画後は、国内でネットエイジを筆頭にスタートアップに多数関与。ブログやSNSの国内啓蒙、ソニーの社内イノベーション事業など関与。通信キャリアのニュースポータルの立ち上げ期の編集デスクとして数億PV事業に育てた後、TechWaveにジョイン。世界最大のグローバルIT系メディアであるスペインの「Softonic」の元日本編集長
https://www.wantedly.com/users/24387
https://keybase.io/maskin
maskin
Follow me

最新情報をお届け

こっちはいろいろ

Newsandroid, App, GREE, iPhone, Unity

Posted by maskin


PAGE TOP
More in android, App, GREE, iPhone
iPhoneの音楽プレイヤーを再定義する「Panamp」【増田(@maskin)真樹】

「Debut Day」新作アプリ“デビューの日”を定例開催 [日程変更]【増田(@maskin)真樹】

現行ブラウザで高度な3D表現を実現するJavaScriptライブラリ「Sprite3D.js」 【増田(@maskin)真樹】

Close