TechCrunch Disrupt優勝はShaker【湯川】

News

[読了時間:1分]

IMG_9701
TechCrunchのErick Schonfeld氏に祝福されるShakerのメンバー(Photo by Masahiro Honda)

キャプチャ 米サンフランシスコで開催中のテクノロジーカンファレンス「TechCrunch Disrupt」の目玉イベント、ベンチャー企業のプレゼンテーション大会「スタートアップ・バトルフィールド」でShakerが優勝した。Shakerについて詳しくはFacebookで熱く盛り上がれる「Shaker」本日ローンチ【増田(@maskin)真樹】

 同イベントには頓智・(トンチドット)が2008年に、2010年にGunzoo(グンゾウ)が予選を通過して登壇しているが、今年は予選を通過した日本企業はなかった。

 今回のバトルフィールドで個人的に気になったのは、以下のスタートアップ。

 Prism Skylab
 レストランなどの監視カメラのライブ映像をウェブカメラとして公開する際に、顔などを自動的にぼかす技術。店舗内の人数も把握できるので、グルーポンなどのキャンペーンと来客数の相関性を計算することなども可能という。

 Bitcasa
 Dropboxのようなストレージサービス。Dropboxが特定のフォルダを指定するのに対し、BitcasaはOSを含むすべてのファイルをクラウド上に記録。PCは、あくまでもキャッシュとして利用する。行動履歴や他のユーザーの行動履歴を特定のアルゴリズムを使って解析し、ユーザーが次に利用する確率が高いファイルを予測して、キャッシュとしてPC側に記録させておく仕組みになっている。このアルゴリズムは企業秘密らしいが、映画2本を同時にストリーミング再生できるほど効率的なデータ転送が可能という。

 Trello
 増田さんの記事にある通り。

最新情報をお届け

こっちはいろいろ

PAGE TOP
More in Shaker
Facebookで熱く盛り上がれる「Shaker」本日ローンチ【増田(@maskin)真樹】

Close